enpaku 早稲田大学演劇博物館

よくある質問

利用に関するQ&A

誰でも入館できますか?
どなたでもご自由にお入りいただけます。
尚、図書閲覧・AV資料視聴の際は身分証明書(免許証、学生証等)が必要です。

開館時間は?
和書閲覧室・展示室(本館) 10:00~17:00(火・金曜日は19:00まで)
貴重書・外国語図書閲覧室・AVブース・事務所(6号館) 月~金 10:00~17:00/土・日・祝 閉室
開館日はホームページトップをご確認ください。

入館料はいくらですか?
無料です。
展示・図書閲覧、AV資料の視聴、また主催する演劇講座などは、どなたでも無料でご覧いただけます。

演劇博物館への行き方は?
早稲田大学構内にございます。
・地下鉄東京メトロ東西線「早稲田」駅(3aまたは3b出口)から 徒歩7分
・都営荒川線(都電)「早稲田」駅から徒歩5分
・JR山手線・西武新宿線「高田馬場」駅(早稲田口)から
○徒歩20分
○都営バス(学02系統)「早大正門行」終点下車 徒歩2分
・東京メトロ副都心線「西早稲田」駅から徒歩20分
地図はホームページトップをご覧ください。

駐車場はありますか?
駐車場はございません。ご来館の際は公共交通機関をご利用ください。

展示の解説や説明を受けることができますか?
毎週金・土・日曜日の13:00~16:30にボランティア解説員が展示の解説をおこなっています。
ご希望の場合は、ご来館の際に解説員にお気軽に声をおかけください。(解説員は1階廊下に待機しております)
尚、団体(20名以上)の場合は、事前申し込みが必要となります。詳しくは【ご利用案内:展示解説・団体見学】をご覧ください。

館内に関するQ&A

写真撮影はできますか?
1階廊下、逍遙記念室、常設展示室(中世)の「能面体験コーナー」のみ撮影を許可しております。

外国語のリーフレットはありますか?
英語、中国語、韓国語のリーフレットをご用意しております。

閲覧室に関するQ&A

事前申請が必要な資料は何ですか?
和書…ARCナンバーで始まる図書(台本類)、その他特別資料
貴重書…特別本(『貴重書目録』(仮目録)に「特」とあるもの)
演劇上演資料…現代演劇プログラム以外の上演資料となります。
詳細は「ご利用案内」をご覧ください。

演劇上演資料(公演プログラム、チラシなど)はどこで閲覧できますか?
資料の種別、時代の区分にかかわらず「本館和書閲覧室」で受付・閲覧が可能です。
「演劇上演記録データベース」より検索してください。
現代演劇プログラム以外の資料については、当日閲覧ができません(要事前申請、中一日)。
詳細は「ご利用案内」をご覧ください。

ARC台本の閲覧はどうすればできますか?
ARCナンバーで始まる図書(台本類)は、書庫からの出納が週2回となります。閲覧を希望する場合は、あらかじめカウンターに、請求記号・タイトル・住所、氏名、ご連絡先の電話番号を記入した「閲覧申請書」を提出してください。FAXでの申し込みも可能です。(FAX:03-5286-9730)
詳細は「ご利用案内」をご覧ください。

来館して資料を複写(コピー)したいのですが、どうしたらいいですか?
閲覧室設置のコピー機でセルフコピーが可能です。
(モノクロ:1枚10円、カラー:1枚50円 ※6号館閲覧室はモノクロのみ)
ただし、貴重書や資料の保存状態が悪いなど、資料によっては複写をお断りしているものもあります。
・郵送での複写サービスは行っていません。
・大学図書館間に限り、中央図書館を通じて文献複写を受け付けております。

その他

図録やグッズはどこで買えますか?
和書閲覧室カウンター、演劇博物館事務所(6号館2階)にて販売しております。
また、オンライン販売も行っております。是非お買い求めください。
図録・館報 → 紀伊国屋書店 KINOKUNIYA WEB STORE
グッズ → WASEDA-SHOP

上記以外にご質問などございましたら、お問い合わせください。

=演劇博物館 お問い合わせ=
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1 早稲田大学内
TEL:03-5286-1829(平日9時~17時)
FAX:03-5273-4398
E-MAIL:enpaku@list.waseda.jp