enpaku 早稲田大学演劇博物館

演劇研究

演劇研究 第二十号 ※僅少

紀要

発行:1997年3月30日
A5判・214ページ

○研究
・鶯亭金升研究(四)-昭和十一年から昭和二十年までの日記を通して-(小山郁子)
・『演博所蔵浄瑠璃本奥書年表』について-興行系統による奥書の配列と、二三の問題に関する報告-(神津武男)

○ノート
・「雙柿舎」扁額と会津八一 坪内逍遥をめぐる人々-断片-より(柴田光彦)
・演博蔵『狂言古図貼交屏風』の素性と価値(林 和利)

○資料
・三村竹清日記「不秋草堂日暦(五)」(三村竹清日記研究会)
・早稲田大学演劇博物館所蔵黒木勘蔵旧蔵透写浄瑠璃番付について(二)(明和)(黒石陽子)
・戦後日本軍捕虜収容所の演劇-タンジョンパガー作業隊を中心に-(馬場辰巳)
・演劇博物館所蔵立紙芝居について-資料の形態と上演の形態を中心に-(姜竣)
・ポール・グリーンの日記(4)-日本を離れるまで-(佐和田敬司・訳)

○研究
・日本におけるポール・グリーン研究-あるアメリカの劇作家の足跡が問いかけること-(佐和田敬司)

studies20

演劇研究

刊行物