enpaku 早稲田大学演劇博物館

演劇研究

演劇研究 第二十八号

紀要

発行:2005年3月30日
A5判・233ページ

○研究
・ 佐賀鍋島藩の能と能面(二)『能面切型図』と近江井関 (アダム・ゾーリンジャー)
・おどけ浄瑠璃について -桂米朝師寄贈『戯浄瑠璃壺被話』の位置付け- (神津武男)
・高橋勝蔵の舞台背景製作 (坂本麻衣)
・「モドキと番舞」考 (南 聲鎬)
・三世中村歌右衛門天保二年七月所演「一谷嫩軍記」の演出-阪急池田文庫蔵上演台帳を中心に- (李 墨)

○資料
・三村竹清日記「不秋草堂日暦(十三)」(三村竹清日記研究会)

○研究
・『じゃじゃ馬ならし』における「女性らしさ」をめぐって (鈴木美穂)
・語り手の復活-小説『ジークフリートとリムーザン人』を通して読む戯曲『シャイヨの狂女』-(間瀬幸江)

演劇研究28号

こちらはご希望の方に無料でお分けしております。
送付は宅配便着払いにてご負担をお願い致します。ご希望の方はメールにて、「演劇研究○○号希望」とし、送付先住所・氏名をお知らせください。

演劇研究

刊行物