enpaku 早稲田大学演劇博物館

演劇研究

演劇研究 第三十一号 ※在庫なし

紀要

発行:2008年3月28日
A5判・462ページ

○研究
大鼓葛野家考-川崎九淵コレクションによる- (佐藤和道)
GHQ演劇検閲のころ-一九四〇年代文学研究の基底を探って- (棚町知彌)
ベルト・ブレヒト原作 東京演劇集団文芸部自由脚色
『乞食芝居(三文オペラ)』三幕三場解題・翻刻(1) (中野正昭)

○ノート
「寄三津再十二支」台本紹介(下) (金子 健)

○資料
演劇博物館所蔵の三田村鳶魚日記について (柴田光彦)
三村竹清日記「不秋草堂日暦(十六)」(三村竹清日記研究会)

○報告
「辻町文庫人形浄瑠璃関係資料調査報告」(後編)-稀書を中心にみる辻町文庫の資料的価値-(神津武男)
辻町文庫旧蔵『十二段』の性格 (深谷大)

○研究
機械仕掛けの舞台―『梨園公報』に見る京劇の舞台装置について (田村容子)
出来事としての舞台~アジプロ隊<メザマシ隊>の活動について-両大戦間期の日独演劇(2)  (萩原 健)

studies31

演劇研究

刊行物