enpaku 早稲田大学演劇博物館

企画展

早稲田大学演劇博物館開館90周年記念 2018年度秋季企画展

現代日本演劇のダイナミズム

 
03_engeki_chirashi180827_01
 
 

会期:2018年9月29日(土)- 2019年1月20日(日)
開館時間:10:00-17:00(火・金曜日 19:00まで)
休館日:10月3日(水)、17日(水)、11月2日(金)、7日(水)、21日(水)、12月5日(水)、19日(水)、23日(日)- 2019年1月6日(日)
会場:早稲田大学演劇博物館 2階 企画展示室
企画協力:徳永京子(演劇ジャーナリスト)、佐々木敦(批評家、HEADZ主宰)
空間:杉山至(舞台美術家)、中村友美(舞台美術家)
主催:早稲田大学演劇博物館・演劇映像学連携研究拠点
助成:act_logo-03_2アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
協力:舞台美術研究工房 六尺堂

近年、ますます多様な展開を見せる現代日本演劇。本展では90年代以降を中心に、その広がりとつながりを提示します。創り手たちはどこから来てどこへ向かうのか。そこではどのような問題意識が共有されているのか。チラシやポスターの関連資料に加えて舞台映像も豊富に展示。演劇博物館から「劇場」へ。矢印の先は未知の演劇へとつながっています。
 
 
 
English
 
简体中文‐Chinese(Simplified)
 
한국어‐Korean
 
 
 
出展劇団(劇作家・演出家)(50音順)
飴屋法水、iaku(横山拓也)、いいへんじ(中島梓織)、イキウメ(前川知大)、維新派(松本雄吉)、犬飼勝哉、井上ひさし、岩松了、ウンゲツィーファ(本橋龍)、演劇実験室「天井桟敷」(寺山修司)、OiBokkeShi(菅原直樹)、岡崎藝術座(神里雄大)、小田尚稔の演劇(小田尚稔)、大人計画(松尾スズキ)、柿喰う客(中屋敷法仁)、カゲヤマ気象台、鴎座(佐藤信)、烏丸ストロークロック(柳沼昭徳)、岸井大輔、木ノ下歌舞伎(木ノ下裕一)、Q(市原佐都子)、虚構の劇団(鴻上尚史)、KUNIO(杉原邦生)、グループ・野原(蜂巣もも)、劇団青い鳥(市堂令)、劇団黒テント(佐藤信)、劇団第七病棟(石橋蓮司)、劇団チョコレートケーキ(古川健)、ゲッコーパレード(黒田瑞仁)、KOKAMI@network(鴻上尚史)、コトリ会議(山本正典)、三条会(関美能留)、サンプル(松井周)、The end of company ジエン社(山本健介)、the pillow talk(むつみあき)、THE SHAMPOO HAT(赤堀雅秋)、静岡県舞台芸術センター(Shizuoka Performing Arts Center : SPAC)(宮城聰)、清水邦夫、状況劇場/唐組(唐十郎)、少年王者舘(天野天街)、少年社中(毛利亘宏)、新宿梁山泊(金守珍)、新聞家(村社祐太朗)、スペースノットブランク(小野彩加、中澤陽)、贅沢貧乏(山田由梨)、青年団(平田オリザ)、青年団リンク キュイ(綾門優季)、関田育子、第三舞台(鴻上尚史)、第七劇場(鳴海康平)、チェルフィッチュ(岡田利規)、地点(三浦基)、つかこうへい、てがみ座(長田育恵)、転形劇場(太田省吾)、東葛スポーツ(金山寿甲)、東京デスロック(多田淳之介)、鳥公園(西尾佳織)、ナイロン100℃(ケラリーノ・サンドロヴィッチ)、中野成樹+フランケンズ(中野成樹)、西田シャトナー、二兎社(永井愛)、蜷川幸雄、ヌトミック(額田大志)、NODA・MAP(野田秀樹)、ハイバイ(岩井秀人)、範宙遊泳(山本卓卓)、FUKAIPRODUCE羽衣(糸井幸之介)、藤原ちから、別役実、ポツドール(三浦大輔)、
松原俊太郎、ままごと(柴幸男)、マレビトの会(松田正隆)、ミナモザ(瀬戸山美咲)、村川拓也、モダンスイマーズ(蓬莱竜太)、モメラス(松村翔子)、遊園地再生事業団(宮沢章夫)、ゆうめい(池田亮)、燐光群(坂手洋二)、ロロ|lolo(三浦直之)、渡辺源四郎商店(畑澤聖悟)

※上記は趣旨に沿って展示させていただきました。網羅的ではないことをご了承ください。

ギャラリートーク

1. 10月9日(火)18:00〜 講師:佐々木敦(批評家、HEADZ主宰)
2. 11月6日(火)18:00〜 講師:徳永京子(演劇ジャーナリスト)

会場:早稲田大学演劇博物館 2階 企画展示室  ※事前予約不要、会場に直接お越しください

 
 
 
 

gd_02
ハイバイ『夫婦』2018年 ©︎引地信彦
 
gd_03
青年団『東京ノート』(2010年日中韓バージョン/BeSeTo演劇祭@新国立劇場ロビー) ©︎T.Aoki

関連イベント

その他の企画展