enpaku 早稲田大学演劇博物館

イベント

早稲田大学演劇博物館開館90周年記念

素浄瑠璃公演「豊竹呂太夫『志渡寺』に挑む」

6toyotakerodayu
六代豊竹呂太夫

tsuruzawakiyosuke
鶴澤清介

開館90周年を記念して、六代豊竹呂太夫(太夫)、鶴澤清介(三味線)両師による素浄瑠璃公演を開催します。素浄瑠璃とは、人形を伴わず、物語を太夫・三味線の義太夫節のみで語る上演形式です。ご披露するのは大作『花上野誉碑』の「志渡寺の段」。切場を一段通して語っていただきます。この機会に浄瑠璃の魅力に触れてみませんか。


出演:六代豊竹呂太夫(太夫)、鶴澤清介(三味線)
演目:『花上野誉碑 志渡寺の段』
日時:2018年5月29日(火)18:15~(17:15開場)※20:15頃終演予定
会場:早稲田大学大隈記念講堂 大講堂
定員:1,000人(要事前予約)
参加費:一般 2,000円 学生 無料

【当日券について】
[一般]公演当日17時45分から大隈記念講堂大講堂の受付にて販売します(先着順)。
[学生]公演当日17時45分から大隈記念講堂大講堂の受付にて配布します(先着順、一人1枚限り、要学生証提示)。

【応募期間は終了しました】

主催:NPO法人人形浄瑠璃文楽座
共催:早稲田大学演劇博物館

er_sj_bn_20180615

関連イベント

その他のイベント