enpaku 早稲田大学演劇博物館

イベント

早稲田大学芸術功労者顕彰記念 山田太一展 関連イベント

山田太一展記念座談会 堀川とんこう×中村克史×長谷正人「山田太一ドラマの演出」

登壇者:堀川とんこう(テレビ演出家)、中村克史(ディレクター、プロデューサー)
司会:長谷正人(早稲田大学文学学術院教授)

名作『男たちの旅路』を演出した中村克史氏と、『時は立ちどまらない』など近年の作品も手掛ける堀川とんこう氏、そして『敗者たちの想像力——脚本家 山田太一』の著者である長谷正人氏を交えて、山田太一ドラマの「演出」について語っていただきます。

日時:2017年7月12日(水)18:30〜(開場18:00)
会場:早稲田大学小野記念講堂
参加費:無料
定員:200名 ※事前申込制・先着順
お申し込み:2017年6月12日(月)10:00よりウェブサイトにて受付開始 

【注】お申し込みにあたっては、こちら(FAQリンク)をお読みいただき、ご理解・ご了承いただきますようお願いいたします。

web_horikawa_425
堀川とんこう(ほりかわ・とんこう)
TBS出身のプロデューサー、ディレクター。『岸辺のアルバム』(1977)、『モモ子シリーズ 1-7』(1982-97)、『或る「小倉日記」伝』(1993)、『恋人たちのいた場所』(1986)ほか多数。最近作に『時は立ちどまらない』(2014)、『五年目のひとり』(2016)など。著書に『今夜も、ばれ飯』(平凡社、1995)、『ずっとドラマを作ってきた』(新潮社、1998)。

web_nakamura__425_2
中村克史(なかむら・かつふみ)
東京大学文学部卒業。NHKチーフディレクター、チーフプロデューサー、ドラマ部長、編成部長を経て、NHK放送文化研究所所長。NHK学園理事長。主な作品に大河ドラマ『獅子の時代』(1980)、『男たちの旅路』(1976-82)、『ポーツマスの旗』(1981)、『日本の面影』(1984)など。主なプロデュース作品にテレビ小説『澪つくし』(1985)、大河ドラマ『独眼竜政宗』(1987)ほか。

web_hase_2_425
長谷正人(はせ・まさと)
1959年生まれ。早稲田大学文学学術院教授。専門は映像文化論、文化社会学。著者に『映像という神秘と快楽』(以文社、2000)、『映画というテクノロジー経験』(青弓社、2010)、『敗者たちの想像力――脚本家山田太一』(岩波書店、2012)など。

イベント申込フォーム

2017年6月12日(月)10:00より受付開始

関連イベント

その他のイベント