enpaku 早稲田大学演劇博物館

イベント

「テレビの見る夢ー大テレビドラマ博覧会」 関連イベント

坂元裕二×是枝裕和トークショー ドラマの神様は細部に宿る

登壇者:坂元裕二(脚本家)、是枝裕和(映画監督)

最新作『カルテット』をはじめとして、『東京ラブストーリー』『Mother』『最高の離婚』『それでも、生きてゆく』など数々の珠玉のドラマを生み出してきた脚本家・坂元裕二氏。そして、カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した『そして父になる』や『海街diary』などの映画監督として活躍し、テレビドキュメンタリーやテレビドラマ『ゴーイング マイ ホーム』でも知られる是枝裕和氏。派手なストーリー展開に頼らず、何気ない日常会話や細やかな表現から心に響くドラマを立ち上げていく名手のお二人に、台詞の作り方について、創作について、ドラマについて、テレビについて、最新作についてなど、作品の映像を見ながらたっぷり語っていただきます。

日時:2017年6月28日(水)18:30〜(開場18:00)
会場:早稲田大学大隈記念講堂 小講堂
参加費:無料
定員:300名 ※事前申込制・先着順
お申し込み:2017年5月29日(月)10:00よりウェブサイトにて受付開始 

【注】お申し込みにあたっては、こちら(FAQリンク)をお読みいただき、ご理解・ご了承いただきますようお願いいたします。

03_03_sakamoto_trimming_425
坂元裕二(さかもと・ゆうじ)
1967年生まれ、大阪市出身。1987年、第1回フジテレビヤングシナリオ大賞受賞。近年の連続ドラマの脚本に『チェイス~国税査察官~』(2010)、『Mother』(2010)、『それでも、生きてゆく』(2011)、『最高の離婚』(2013)、『Woman』(2013)、『問題のあるレストラン』(2015)、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(2016)、『カルテット』(2017)など。

03_04_koreeda_425
是枝裕和(これえだ・ひろかず)
映画監督・テレビディレクター。早稲田大学卒業後テレビマンユニオンにて主にドキュメンタリー番組を演出。2014年に独立し「分福」を立ち上げる。主な監督作に、『誰も知らない』(2004)、連続ドラマ『ゴーイング マイ ホーム』(2012)、『海街diary』(2015)など。最新作『三度目の殺人』2017年9月9日全国公開。

イベント申込フォーム

2017年5月29日(月)10:00より受付開始

関連イベント

その他のイベント