enpaku 早稲田大学演劇博物館

シンポジウム

シンポジウム:「舞台芸術のアーカイブをめぐって」

日時:12月7日(月)13:00〜18:00
場所:早稲田大学小野記念講堂
申込不要、参加無料

13:00〜15:00 第一部 アーカイブと実践
登壇者:小沢康夫氏(一般社団法人 日本パフォーマンス/アート研究所)、久野敦子氏(セゾン文化財団)、森下隆氏(土方巽アーカイヴ)
15:30〜18:00 第二部 劇場とアーカイブ
登壇者:神山彰氏(明治大学・元国立劇場)、中島豊氏(新国立劇場)、佐藤まいみ氏(彩の国さいたま芸術劇場)
聞き手:岡室美奈子(演劇博物館館長)、児玉竜一(演劇博物館副館長)

上演、保存、継承、発展。舞台芸術のアーカイブには様々な段階があり、それぞれに異なる場所や人が関わっています。本シンポジウムでは舞台芸術に様々な立場で関わる方々を招聘し、舞台芸術のアーカイブの現状をいくつかの異なる角度から検証します。
第一部「アーカイブと実践」では上演・研究という二つの「実践」と密接に結びついたアーカイブ活動についての事例をご報告いただきます。上演からアーカイブまでを一つのサイクルとして実践するTokyo Experimental Performance Archiveと、ダンスの実践として「アーカイブ」のあり方を試行する「ダンス・アーカイブの手法」、そして研究の実践の場としての土方巽アーカイヴ。三つの実践を通してアーカイブの可能性を探りたいと考えています。
第二部「劇場とアーカイブ」では劇場内にライブラリーを併設する三つの劇場に関係する方々をお招きし、舞台映像や周辺資料の保存と活用・デジタル化についての現状と課題についてお話をうかがいます。来たるべきデジタル・アーカイブの時代を見据え、劇場が果たすべき役割を検討したいと思います。

 

→詳 細ページ

その他のイベント