enpaku 早稲田大学演劇博物館

イベント

トークイベント ◆第1部 「いまなぜベケットか」/ ◆第2部 「旅する『ゴドー』」

登壇者:多木陽介 (ローマ市立演劇記念館「(不)可視の監獄――サミュエル ・ベケットの演劇と現代世界」展キュレーター)、小崎哲哉 (あいちトリエンナーレ2013 パフォーミングアーツ統括プロデューサー)、佐々木敦(批評家・早稲田大学教授)、串田和美(俳優・演出家・舞台美術家)、明緒(写真家)、岡室美奈子(演劇博物館館長・早稲田大学教授)

日時:2014年4月26日(土)13:30-16:30(13:00 開場)
会場:早稲田大学国際会議場(総合学術情報センター内)
定員:100名
参加無料・予約不要
※会場定員に達した場合、ご入場いただけない場合がございます。あらかじめご了承ください。
コーディネーター:岡室美奈子(演劇博物館館長・早稲田大学教授)

◆第1部 「いまなぜベケットか」
2013年に日本とイタリアで世界の危機的状況とベケットを結びつけた芸術祭や展覧会を手掛けたお二人に、「なぜいまベケットなのか」について語っていただきます。

ゲスト:
多木陽介 (ローマ市立演劇記念館「(不)可視の監獄――サミュエル ・ベケットの演劇と現代世界」展キュレーター)
小崎哲哉 (あいちトリエンナーレ2013 パフォーミングアーツ統括プロデューサー)
コメンテーター:佐々木敦(批評家・早稲田大学教授)

◆第2部 「旅する『ゴドー』」
2000年にシアターコクーンで初演された『ゴドーを待ちながら』を刑務所や老人ホーム、青物市場など、さまざまな場所で上演した串田和美氏と、旅公演の様子を撮影した写真家の明緒氏をお迎えし、ありし日の緒形拳氏らの写真とともに旅公演を振り返っていただきます。

ゲスト:
串田和美(俳優・演出家・舞台美術家)
明緒(写真家)

関連イベント

その他のイベント