enpaku 早稲田大学演劇博物館

企画展

演博コレクションに見るロシア舞台芸術のモダニズムとアヴァンギャルド展

会期:2011年3月1日(火)~2011年4月13日(水)
会期中休館日:3月20・21日
会場:演劇博物館企画展示室Ⅱ
※シェイクスピア室(1階)の常設展示が関連企画となっております。併せてご覧ください。
入場無料

19世紀末、ロシアの舞台芸術は世界へむかって大股で歩みを進めていました。1898年にはスタニスラフスキーとネミローヴィチ=ダンチェンコによってモスクワ芸術座が創設され、メイエルホリドもここで俳優のキャリアを開始しました。この年の12月、チェーホフの『かもめ』が芸術座で上演されます。のちのバレエ・リュスの興行師ディアギレフが美術思想誌「美術世界」を刊行しはじめたのもこの年ならば、ペテルブルグの帝室マリインスキー劇場でミハイル・フォーキンがダンサーとしてデビューしたのも同じ年でした。10年後の1908年にはメイエルホリドがペテルブルグ帝室劇場専属演出家になり、翌1909年にはパリでバレエ・リュスが定期公演を開始。1911年にはゴードン・クレーグが芸術座で『ハムレット』を演出、1912年には小山内薫がモスクワを訪れ、この作品を見ています。
さらに1913年にはマヤコフスキーらがペテルブルグで「未来派パフォーマンス」を開催、モスクワではワフタンゴフがスタジオを創設、翌年にはタイーロフのカーメルヌィ劇場発足。そして1917年にはロシア革命が勃発し、革命前の美意識は労働者を中心とする別の観客を対象としたものへと変更・修正されていくことになるのです。本展では、20世紀初頭のロシア舞台芸術の怒濤のうねりをコレクションから辿ります。

t_2010russia_omotet_2010russia_ura

t_2010russia_omote

関連イベント

その他の企画展