enpaku 早稲田大学演劇博物館

イベント

【#おうちでエンパク】ご自宅で楽しめるオンライン企画

【開催終了】
第83回 逍遙祭
 逍遙をかたる人々~逍遙祭のあゆみ

shoyosai_banner_web
講師:児玉竜一(演劇博物館副館長)
日時:2021年2月26日(金)15:00~16:30
会場:オンライン
※写真をクリックするとイベントページをご覧いただけます。

オンライン展示「失われた公演 ―コロナ禍と演劇の記録/記憶」

 
ushinawareta_web
※写真をクリックするとオンライン展示をご覧いただけます。
 
▼【鼎談】コロナ禍のなかの歌舞伎 ―失われた舞台と新表現の地平
2020年の歌舞伎界。苦境の中で新たな試みを続け様に打ち出した十代目松本幸四郎丈に、コロナ禍で生まれた表現の可能性について伺いました。
 

 

エンパクショートムービー

この世はすべて舞台――。
演劇博物館の舞台上には、シェイクスピア劇の台詞をラテン語で掲げています。この動画では、当館設立の由来や当館が誇る名品セレクションの数々、当館ならではの領域横断的な企画らの魅力をショートムービーにまとめました。
 

 

バーチャルミュージアム

▼動物シリーズ
動物は、いつの時代も人々の生活の中で身近な存在です。かわいさや愛くるしさなど、さまざまな表情をもつ動物たちは、時代を問わず愛される対象であるとともに、怖さや美しさなどの感情を呼び起こすため、畏敬の対象としても扱われてきました。デフォルメによってデザイン化された動物、物語や伝記、歌舞伎の演目などの文脈とともに描かれた動物、はたまた想像上の生物など、さまざまな動物たちの表情をお楽しみください。
 
dobutsuseries
※写真をクリックすると動物シリーズをご覧いただけます。
 
▼妖怪シリーズ
演劇博物館には、洋の東西を問わず、これら“怪奇”なものたちがモチーフとなった資料が数多く収蔵されています。ここでは、“怪奇なもの”をテーマにした資料に新たな光を当てる機会を設けました。鬼や天狗などの力強い表現や、幽霊や生き霊などの背筋の凍るような恐ろしい表情、伝記などに登場するユーモラスな妖怪など、さまざまに表現された“怪奇なもの”たちをお楽しみください。
 
yokaiseries
※写真をクリックすると妖怪シリーズをご覧いただけます。
 
この「バーチャルミュージアム」では、その他シリーズとしてまとめた「名品コレクション」や「特選シリーズ」のほか、数々の名品を解説付きでご覧いただけます。
 

「競演!『三国志』の風雲児たち ―日本・中国・台湾の華麗なる舞台」(会期は終了)

▼三国志研究で著名な渡邉理事による「第Ⅱ期」の解説を公開しました。普段非公開の収蔵庫や山車の関羽も少しお見せしています。数々のエピソードには意外な発見もあるかもしれません。
 

 
▼資料保存の観点から、三期に分けてお披露目した豪華絢爛な京劇衣裳をWEBで公開中です。当時の展示室で掲示していたものと同じ解説でご紹介中ですので、展覧会に訪れた気分でお楽しみください。
 
sangokushi_1
※写真をクリックすると「第Ⅰ期 京劇衣裳編」をご覧いただけます。
 
_mg_7098
※写真をクリックすると「第Ⅱ期 京劇衣裳編」をご覧いただけます。
 
_mg_7280_srgb
※写真をクリックすると「第Ⅲ期 京劇衣裳編」をご覧いただけます。
 

国際シンポジウム
不可能への挑戦 形のないアートを保存する ー博物館におけるパフォーミングアーツとメディアアーツのアーカイブと展示を巡ってー

 
2018年2月22日に開催したこのシンポジウムでは、国内外の博物館などから専門家をお招きし、保存の困難なアートをどのようにアーカイブし、展示していくかについて検討しました。当日の模様とレポートをご覧いただけます。
 

 
※文字をクリックするとPDFファイルをご覧いただけます
report(Japanese)
report(English)

イベントWEBページ

その他、過去のイベントの様子を「ムービー」で年別にご覧いただけます。エンパクの様々な活動をぜひ動画でお楽しみください。

その他のイベント