enpaku 早稲田大学演劇博物館

企画展

早稲田大学演劇博物館 特別展

【WEB特別公開】競演!『三国志』の風雲児たち~「第Ⅰ期 京劇衣裳編」!

特別展「競演!『三国志』の風雲児たち― 日本・中国・台湾の華麗なる舞台」より、第Ⅰ期でお披露目した豪華絢爛な京劇衣裳をWEBで特別公開します。

京劇衣裳 白緞絨繍靠【はくだんじゅうしゅうこう】

代表人物:趙雲
代表演目:「陽平関」、「長坂坡」
 
choun_online
 
「靠」は昔のよろいから変化したもので、武将が戦う場面で着用します。白い靠を着用するのは青年武将が多く、とくに逞しい美男であるイメージが比較的強い。『三国志』においては、蜀の「五虎将」の一人に数えられた趙雲は諸葛亮と同じ、劉備を補佐した極めて重要な存在です。京劇の中で、劉備の息子劉禅(阿斗)を救い出す過程を描写する「長坂坡」が趙雲役の代表演目です。
 

京劇衣裳 女黄帔【じょこうひ】

代表人物:糜夫人、孫夫人
代表演目:「長坂坡」、「別宮祭江」
 
bifujin_online
 
「帔」は前開きのガウンのような服装で、皇帝、貴族、富豪などの人物とその妻が日常服として着用します。女帔は男帔より丈が短く、膝を覆う程度です。黄色は中国の王室の代表色のため、黄帔は皇帝とその親族しか着ません。皇帝の団龍の図案に対して、皇后の帔は団鳳となっています。前漢景帝の子、中山靖王劉勝の末裔である劉備は皇室の血筋に繋がるため、劉備夫人が后妃用の黄帔を着用します。
 

京劇衣裳 八卦巾、紫八卦衣【はっけきん、むらさきはっけい】

代表人物:諸葛亮
代表演目:「群英会」、「空城計」
 
shokatsuryo_tr2_web
 
「巾」は中国伝統演劇の中の知識人役が舞台で用いる被り物の一種。また、「八卦衣」は道家、仙人、軍師などの人物が着用する服装です。肩、袖の部分は八卦の八つの図像、胸と背中は「太極図」の図案を配します。京劇における諸葛亮役は、基本的には紺色や紫の八卦衣を着ますが、「借東風」という演目には、グレーや黒色の「法衣」を羽織り、「二龍盔(にりゅうかい)」をかぶった姿で登場する場合もあります。
 

展覧会情報

早稲田大学演劇博物館 特別展
競演!『三国志』の風雲児たち――日本・中国・台湾の華麗なる舞台
 
Webページ:https://www.waseda.jp/enpaku/ex/11041/
会期:
第1期 2020年9月28日(月)- 10月23日(金)【終了】
第2期 2020年10月26日(月)- 11月24日(火)【終了】
第3期 2020年11月26日(木)- 12月25日(金)【開催中】
 
sangokushi_web
 

その他の企画展