enpaku 早稲田大学演劇博物館

イベント

早稲田大学演劇博物館 2020年度シェイクスピア祭演劇講座

もしも私が女なら~シェイクスピア劇におけるジェンダーとセクシュアリティ

sp_2020_01
Wikimedia Commonsより
 
 
sp_2020_pr
北村 紗衣(きたむら・さえ)
武蔵大学人文学部英語英米文化学科准教授。東京大学で学士号及び修士号を取得後、2013年にキングズ・カレッジ・ロンドンにて博士課程を修了。専門はシェイクスピア、舞台芸術史、観客研究、フェミニスト批評。著書に『シェイクスピア劇を楽しんだ女性たち──近世の観劇と読書』 (白水社、2018)、『お砂糖とスパイスと爆発的な何か――不真面目な批評家によるフェミニスト批評入門』(書誌侃侃房、2019)、訳書にキャトリン・モラン『女になる方法 ―ロックンロールな13歳のフェミニスト成長記』(青土社、2018)など 。
シェイクスピアの時代のロンドンの商業劇場にはプロの女優がおらず、若い男優が女性の役を演じていました。こうした形の上演ではジェンダーやセクシュアリティはどのように表現されていたのでしょうか?そして、現代のシェイクスピア上演はこのようなシェイクスピア劇の表現をどのように継承し、刷新しているのでしょうか?近世イングランドの芝居はオールメールでの上演を前提に書かれていたことを念頭に置きながら『お気に召すまま』や『じゃじゃ馬ならし』といった作品を手がかりにこうした問いを考えます。

講師:北村 紗衣(武蔵大学人文学部英語英米文化学科准教授)
日時・会場:調整中

主催:早稲田大学演劇博物館・演劇映像学連携研究拠点

【お知らせ】
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、2020年5月27日(水)に予定していたシェイクスピア祭演劇講座を延期することといたします。最新情報は決まり次第こちらのWebページでお知らせします。楽しみにしていただいた皆様にお詫び申し上げますとともに、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。(2020/4/7 更新)

その他のイベント