enpaku 早稲田大学演劇博物館

シンポジウム

企画展「佐野碩と世界演劇 ―日本・ロシア・メキシコ “芸術は民衆のものだ”―」関連シンポジウム

シンポジウム 佐野碩、演劇で世界に勝負を挑む!
〜日本からロシア・欧州へ、そして北米・南米へ〜 「日本からロシアへ、左翼演劇の可能性を求めて」

sn_01
登壇者:加藤哲郎(一橋大学名誉教授・早稲田大学教員教授、政治学)、萩原健(明治大学准教授、ドイツ演劇)、伊藤諭(一橋大学博士課程、ロシア演劇)、ナターリヤ・マケーロワ(ロシア国立バフルーシン中央演劇博物館メイエルホリドの家博物館館長)、桑野隆(早稲田大学教授)

日時:2013年3月2日(土)13:30-18:30
会場:早稲田大学 8号館 B101教室
定員:300名 
参加無料・予約不要

主催:早稲田大学演劇映像学連携研究拠点

佐野碩(1905-1966)は村山知義らとともに1920年代後半の日本左翼演劇をリードし、新劇の基盤を固めた、日本演劇史上極めて重要な演出家です。1931年に政治上の理由で出国した後、1932年に訪ソ。1937年の国外追放までモスクワに滞在し、国際左翼演劇組織の幹部を近代演劇の発展に尽くしました。国際的演劇人としても先駆的な佐野碩の活動を各国の研究者が日本初公開の映像を交えながら明らかにします。

プログラム

 
13:30-13:40 挨拶 
 
13:40-14:40 「1930年代の世界と佐野碩」
| 加藤哲郎
 一橋大学名誉教授・早稲田大学教員教授、政治学
 
14:55-15:45 「ピスカートアと佐野碩」
| 萩原健
 明治大学准教授、ドイツ演劇
 
16:50-18:00 「ロシアの佐野碩 メイエルホリド劇場での活動」
| 伊藤諭
 一橋大学博士課程、ロシア演劇
 
16:50-18:00 「メイエルホリド劇場演劇研究所のシステム」(ロシア語、通訳付き)
| ナタリーヤ・マケーロワ
 ロシア国立バフルーシン中央演劇博物館メイエルホリドの家博物館館長
 
18:00-18:30 コメント・質疑応答・シンポジウム総括
| 桑野隆
 早稲田大学教授

関連イベント

その他のシンポジウム