enpaku 早稲田大学演劇博物館

日本演劇 — 近世 浄瑠璃

Yotsugi Soga

宇治加賀掾正本 「世継曽我」(う じ か がの じょう しょう ほん よ つ ぎ そ が)


 
 

縦21.9×横19.1cm

天和3年(1711)9月、宇治座初演。義太夫節の創始者・竹本義太夫は、貞享1年(1684)の竹本座旗上げ公演に際し、この作品をそのまま流用した。義太夫がのちに、「世継曽我」への流行歌摂取について、その作者が30年を経ても後悔していたと記した(「鸚鵡ヶ杣」(おうむがそま))ことから、作者署名はないものの、近松門左衛門作であることが確実とされる、最も早い段階での作品である。