enpaku 早稲田大学演劇博物館

日本演劇 — 古代

Kogakuzu (copy)

『古楽図』(こ がく ず)(模本)


 
 

縦27.0×横1520.0cm

日本の散楽図と思われていたが、実は唐代宮廷の宴饗楽である楽舞・散楽の演奏を描いたもののようである。「信西古楽図」と通称され、信西入道藤原通憲(1106~1159)の関与が指摘されてきたが、それ以前の平安初期に成立したとの説もある。本資料は、東北大学狩野文庫所蔵本の模写で、内容は(1)座奏楽人図、(2)舞楽図、(3)立奏楽人図、(4)散楽図の4節に分かれる。このうち散楽図には、臥剣上舞、抑格倒立、弄剣などの曲芸、幻技十三図が描かれており、散楽研究の基礎資料となっている。