enpaku 早稲田大学演劇博物館

日本演劇 — 近世 歌舞伎

Hand Propeties for Kagamijishi: A Pair of Hand-held Lion Puppets of Onoe Kikugoro VI

6世尾上菊五郎使用 「鏡獅子」手獅子(せい お のえ きく ご ろう し よう かがみ じ し て じ し)


 
 

写真上から《30398》:縦23.0×横23.5×高14.0cm
     《30397》:縦24.5×横23.5×高14.0cm

6世尾上菊五郎は、9世市川団十郎に厳しく仕込まれた舞踊の名手でもあった。立役女形ともに秀でた彼は、前半に清純な女小姓弥生、後半に勇猛な獅子の精を踊り分ける難曲「鏡獅子」を最大の当り役とし、師団十郎が初演したこの作品を一躍人気曲とした。雌雄一対に飾ったうち、弥生が手にした雄の手獅子に魂が宿るという重要な小道具だが、木彫の造形が優れているだけでなく、非常に軽く作られ、扱い易いよう工夫されている。