enpaku 早稲田大学演劇博物館

日本演劇 — 近世 歌舞伎

Oshiguma with an Illustration of a Parasol by Ichimura Uzaemon XV in Sukeroku

15世市村羽左衛門 「助六」押隈と傘図(せい いち むら う ざ え もん すけ ろく おし ぐま かさ ず)


 

本紙:縦34.5×横44.0cm

15世市村羽左衛門(1874~1945)は屋号橘屋、明治から昭和前期にかけ、その美貌と天性の華やかな芸風によって絶大な人気を誇った。歌舞伎十八番「助六」の主人公花川戸助六役は、もっともその芸風が生かされた役のひとつで、二枚目ぶりと歯切れよい台詞で観客を酔わせた。この一幅は押隈に、自身で蛇の目傘を描き添えたもの。若さを強調する助六の「むきみ」隈と、花道の出で手にする傘の図が、闊達な羽左衛門の助六を彷彿とさせる。