enpaku 早稲田大学演劇博物館

日本演劇 — 近世 歌舞伎

Kabuki Background Music Score for Hibariyama himesutematsu and Kohada no kaii ame mo furunuma

下座付帳 「鷓山姫捨松・小幡怪異雨古沼 他」(げ ざ つけ ちょう ひばり やま ひめ すて まつ こ はだの かい い あめも ふる ぬま ほか)


 
 

縦25.0×横17.5cm

下座付帳は、舞台上演で使用する音楽や、演奏のきっかけを進行に従って書き留めたもの。歌舞伎では初日前の準備期間に、台本の指定や打ち合わせをもとに下座(黒御簾音楽)、小道具、衣装など各部署がそれぞれに付帳(舞台上必要な品や情報の記録)を作成する。下座付帳は、上演にあたってどのような音楽を用いたか、実際の演出を音楽面から知ることができる。本資料は六合新三郎旧蔵、安政6年(1859)江戸市村座7月興行付帳の転写本。江戸期の下座演奏を記録した、数少ない資料である。