enpaku 早稲田大学演劇博物館

日本演劇 — 近世 浄瑠璃

Bunraku Puppet-"Osome"

文楽人形「お染」(ぶん らく にん ぎょう そめ)


 
 

全長98.0cm

近松半二の世話物「新版歌祭文」野崎村の段で用いられる、大店の娘・お染の人形。大江巳之助の焼印がある。品のある大江巳之助の作風は、理知的な芸が好まれるようになっていた近現代の文楽と合致するものであった。掲出資料は、2世桐竹紋十郎が、三和会時代の後援者に感謝の意を込めて贈ったもの。紋十郎は三和会の中でも人気のある実力者であり、リーダー的な役割も果していた。