enpaku 早稲田大学演劇博物館

日本演劇 — 近世 浄瑠璃

Keikobon Ichi no tani futaba-gunki , nagashi no eda

義太夫節稽古本 「一谷嫩軍記」 流しの枝の段(ぎ だ ゆう ぶし けい こ ぼん いちのたにふたばぐんき なが えだ だん) 


 
 

縦21.9×横15.8cm

明治17年(1884)6月、島村利助刊行。一般的な義太夫三味線譜である「いろは朱」ではなく、東京における義太夫節独自の「一二朱」が記譜されている。本資料は、東京の義太夫節界で活躍した豊澤和孝寄贈本(豊澤和孝コレクション)中の1冊。同コレクションには、豊澤和孝筆のいろは朱・一二朱比較表も収められている。