enpaku 早稲田大学演劇博物館

日本演劇 — 近世 浄瑠璃

Marionette "Yaoya Oshichi"

糸操り人形 「八百屋お七」(いと あやつ にん ぎょう や お や しち)


 

全長:146.0cm
人形:61.0cm

9世結城孫三郎の弟子・結城孫太郎は、1955年春に竹田三之助と改名、同年4月6日、三越劇場で改名披露興行をする。この名付け親となったのが、徳川夢声と、演劇博物館2代館長の河竹繁俊であった。その縁で、竹田三之助指導の下に一座の扇之助が中心となって制作し、演劇博物館に寄贈されたのが掲出資料である。糸操り人形には普通18本の糸が取り付けられているが、多いものでは40本以上になるという。