enpaku 早稲田大学演劇博物館

日本演劇 — 近世 浄瑠璃

Pictures of Takeda karakuri

竹田からくり絵尽(たけだ え づくし)


 
 

縦21.3×横15.3cm

竹田からくりは、寛文2年(1662)に大坂道頓堀竹田の芝居ではじめられた。機械仕掛けのからくりを用いた見世物で、屋体や道具を動かす大からくりの他、水からくり、ゼンマイからくり、それらを駆使したからくり人形もあった。からくりの前芸や間狂言として、子供芝居も演じられている。掲出資料は竹田からくりの絵尽で、色刷の包紙やからくりの説明など、視覚的にもたいへん魅力ある資料である。