enpaku 早稲田大学演劇博物館

日本演劇 — 中世

Plan for the Noh Stage in Edo Castle

江戸城本丸能舞台 青写真(え ど じょう ほん まる のう ぶ たい あお じゃ しん)


 

建築家で能楽研究家の山崎楽堂(1885~1944)の手による図面。幕府の大棟梁であった甲良家の資料によるものらしく、弘化2年(1845)に再建され、安政6年(1859)に焼失した本丸御殿図の能舞台とされる。楽堂は本名静太郎。東京帝国大学建築科を卒業し、法政大学教授となり、梅若能舞台、細川家能舞台、染井能楽堂の設計にも携わった。