enpaku 早稲田大学演劇博物館

日本演劇 — 中世

Karuta (Playing Cards) Featuring Scenes from Noh Performances

能楽カルタ(のう がく)


 

写真内左:《05117》:縦7.2×横4.7cm
写真内右:《27467》:縦9.0×横6.0cm(カルタ1枚)

写真内左側は、100枚一組で主役(シテ)と相手役(ワキ又はツレ)とで一対となる。写真内右側は、謡曲本文を記した文字札とその登場人物を描いた絵札の対になっている。もと100枚あったと推測されるが現存するのは96枚のみである。当時の生活への謡曲浸透の様相が窺える資料である。Aの旧蔵者、三村清三郎(竹清、1876~1953)は、在野の故実家で、江戸の三通人とも称された人物。当館には同氏の日記『不秋草堂日歴』全145冊も所蔵されており、明治から昭和にかけての知識人の有様を知る格好の資料である。