enpaku 早稲田大学演劇博物館

日本演劇 — 中世

Noh Costume "Atsuita"

能装束「厚板」(段替 山形に釘抜雲版文様)(のう しょう ぞく あつ いた(だんがわり やまがた くぎぬき うんばんもんよう)


 

丈170.0×裄76.5cm

厚板は唐織と並ぶ小袖形式の代表的な装束で、主に男性の役柄に、法被や側次(そばつぎ)、水衣(みずごろも)などの下着として用いられ、鬼神や武将、老人など役柄に応じて様々な文様がある。本資料は金茶と萠葱に染め分けて段替りとし、それぞれの段の中央で山形文様の色彩を切り替えることで複雑な段替りを表現する。上文様は雲版文と釘抜文。