enpaku 早稲田大学演劇博物館

日本演劇 — 中世

Noh Costume "Kariginu"

能装束「単狩衣」 (白地金銀箔 立涌に桜枝文様)(のう しょう ぞく ひとえ かり ぎぬ(しろじきんぎんはく たてわく おうしもんよう))


 

丈170.0×裄105.0cm

狩衣は元来平安貴族の略装であったが、能では威儀を正した表着として用いられる。裏地のある袷(あわせ)と裏地のない単(ひとえ)とがあり、袷狩衣は主に神体や鬼神などの役に用いる。本資料は単狩衣で、「融」のような殿上人や、「西行桜」など老体の草木の精に用いられる。本資料は、地文様は立涌文様で金平箔、上文様は桜枝文様で銀平箔が用いられ、優美で上品な印象である。