enpaku 早稲田大学演劇博物館

日本演劇 — 古代

Shomyo Textbook : Juichimen Kannon Koshiki

『十一面観音講式』(じゅう いち めん かん のん こう しき)


 

全長31.7×463.0cm

講式とは声明の一種で、漢文を読み下したもの。仏や菩薩などの徳を讃嘆する内容を持つが、本資料は十一面観音を讃えるものである。平安中期から江戸時代まで多種多様な講式が作られ、その種類は200を超えるとされる。資料には、本文の右側にふりがなと胡麻章が記されているが、こうした記譜法や旋律体系は、平曲や謡曲などに影響を与えた。