人間と環境の関わりについて、周辺分野を学際的に学ぶことにより、持続可能な社会構築の方策を探る学科です

人間が生活し、発達する過程の中ではさまざまな「環境」を必要とします。それを構成するあらゆる生物の生態、システム、文化、人間、社会、心理や人間行動を学際的、複合的領域的に研究します。環境である限りは、必ずコアとなる中心主体が必要です。その周りこそが環境であり、本学科ではその環境を大きく、広く考えます。主体はもちろん人間や人間社会ですが、これは人間中心主義を意味するものではありません。また、環境は空間軸のみならず、時間軸にも延ばして考えることも必要です。例えば、地質学的、考古学的アプローチは過去の人間が環境とどう関わってきたかを理解することに役立つでしょう。

本学科は4つの学系(領域)から構成されています

教員紹介ページへ

卒業生が語る、eスクールの魅力

「卒業生の声」ページへ