教育理念・方針

人間科学部eスクールの3つの方針

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

早稲田大学の総合性・独創性を生かし、体系的な教育課程と、全学的な教育環境と学生生活環境のもとに、多様な学問・文化・言語・価値観の交流を育み、地球社会に主体的に貢献できる人材を育成する。人間科学部は、創設当初から、現代社会がかかえる諸問題の解決、あるいは持続可能な社会の構築に向けて、総合性および学際性を重視する教育研究を目指して来た。人間がより良く生きること(Well-being)を追求するために必要な人間に関わる諸問題に対し、総合的・学際的にアプローチでき、それらを研究・教育・開発・実践のかかわりの中で深く取り組むことができる人材の育成を目標としている。

取り組むべき問題の対象は、「環境」「健康・福祉」「情報」の学科ごとに異なるが、問題への取り組み方や問題の捉え方には共通する部分があり、学科横断的な取り組み方も必要となってくる。このような諸問題を解決する能力を獲得し、実社会で実践できることが、卒業認定・学位授与の条件であり、その能力の獲得によって、卒業後の活躍の場は、国の内外や業種を問わず多様な領域で拓けて行くことになろう。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

人間科学部eスクールの教育課程の編成・実施(カリキュラム)の基本は演習科目を軸に、少人数での学びの場を提供していることである。講義科目においてもクラス定員を約30名程度とし、1クラスに対し1人の教育コーチを配置していることも特長である。教育コーチは教員と一体となり授業期間中、学生との双方向性を保つべく電子掲示板システム(BBS)や電子メールでの質疑応答の受付窓口となる役割を担う他、学習支援(指導・助言)といったメンターの役割も受け持つ。また、各学科の講義科目として設置された数多くの専門科目は、文理融合の考えから社会科学、人文科学、自然科学などの文系、理系の枠を越え受講することができ、各人の興味や進路にしたがって多角的な視点で自由に履修計画を立てられる。

人間科学部eスクールでは様々なバックグラウンドを持つ多種多様な受講生を想定し、その為に4年間でほとんどの学生が卒業する通学制とは異なる履修ステップを考える必要があり、通学制の年次に代わる概念として「レベル」を設けることにした。レベルは2年次編入に相当するαコースではA、B、Cの3つ、βコースでは1、2、3、4の4つに分かれ、上位のレベルに進むためには下位のレベルで指定された科目区分の指定単位数を取得する必要がある。

αコースのレベルB、βコースのレベル3からは全員が卒業研究に直結する少人数制の「専門ゼミ」を履修することになるが、この「専門ゼミ」に先立って、質的・量的データの理解と処理の基礎を学ぶ「データリテラシー」を必修科目として設置した。

「専門ゼミ」では最終レベルでの「卒業研究ゼミ」「卒業研究指導」と合わせ、指導教員の下で2年間にわたり、専門領域別の研究のための調査と、自ら計画して行動する特別の学修としての研究の推進を目指す。

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

早稲田大学では、『学問の独立』の教育理念のもとで、一定の高い基礎学力を持ち、かつ知的好奇心が旺盛で、本学の理念である進取の精神に富む、勉学意欲の高い学生を、わが国をはじめ世界から多数迎え入れている。

とくに人間科学部eスクールでは、「環境」「健康・福祉」「情報」に関わる高い問題意識を有する社会人に、問題解決のための学術的、技術的手段の学習の場をインターネットを通じて提供している。高い学習意欲と計画性を確認する為に、3,000字の志望動機書と1,000字の学習計画書をもって一次選考した上、二次選考として個別に面接を行った上受け入れを決めている。

人間科学部への入学者は、多様な学問分野を横断しつつ世界を探求する複眼的な方法によって自然・人間・社会を包括的に理解し、問題の核心へと接近する手がかりを発見し、これまでの歴史とこれからの未来への展望の中で問題解決の手段を提案・実行できるようになることが求められる。人間科学という学問には、新しい分野にチャレンジしようとする精神が欠かせない。人間を尊重する心と人間への興味・関心、また、あらゆる知識を吸収しようという純粋で素直な気持ちとそれを客観視する批判的精神を併せ持ち、自らの主体性をもって現代の人間が直面する問題を解決しようという逞しさをもつ学生の入学を期待する。