早稲田大学文学学術院

アジア史コース(文学部)・東洋史学コース(院)

Department of Asian History

アジア史コースへようこそ

概況

Basic Overview

 東洋史学専修・アジア史コースは、アジア諸民族の歴史と文化の学習・研究によって、それぞれの民族がもつ固有な価値体系を究明し、多元的な価値認識を基礎とした統一ある世界史像を構成することを志向しています。 明日の社会に生き、明日の社会を担って行くべき者は、そのような、より高次元な世界史像をもつものでなければならないからです。

教育方針と教育内容

The Course Line

 歴史研究は、まず史料の解読、批判からはじめなければなりません。東洋史学の関係史料は、漢文、朝鮮文、モンゴル文、満洲文、チベット文、サンスクリット文、トルコ文、ペルシア文、アラビア文等、極めて多岐にわたっていますが、本専修はとくにアジアのほとんど全域に関し、もっとも豊富に史料を残している漢文テキストを主として、史料批判を訓練します。史料批判の訓練は、同時に、歴史的思考法の修練である。そのようにして体得した技術により、各自の個別研究を深め、それによって新しい世界をひらいて行くことを、本専修の教育方針としています。カリキュラムは、史料批判を訓練する「専門演習」を基礎とし、史料操作によって得られた個別研究の成果を示す「専門研究」、個別研究の成果を通して構成された歴史像を講義する。「専門講義」 によって編成されています。

| 10.10.2012 |


卒業生の進路

Futures of Graduates

 卒業生は大学院に進学し、研究生活に入って行く者もあれば、教育界、ジャーナリズムの世界に進み、また外交官、調査員として海外に出て行く者もいます。とくに近年の傾向として、商社や金融機関などの一般会社に就職する者も少なくありません。


受験(学部)

Exam for B.A.

アジア史コースへの進学を希望する諸君は、まず早稲田大学文学部に入学する必要があります。その受験方法・受験日程・受験科目等についてはこちらを参照してください。

→詳細。

受験(修士/博士)

Exam for M.A.&Ph.D.

大学院東洋史学コースの受験方法・受験日程・受験科目等についてはこちらを参照してください。また過去問等の入手方法については文学部事務所にお問い合わせください。

→詳細。

卒業論文

Dissertation

本コースを卒業するには卒業論文を執筆する必要があります。その手順についてはこちらを参照してください。

→詳細。

 また卒業論文の書き方についてはこちらも参照してください。