過去の大会の記録

第73回大会(2018年12月)

近世ヨーロッパにおける海上での掠奪行為の史的展開とその変容
薩摩真介著『<海賊>の大英帝国―掠奪と交易の四百年史』合評会

日時:2018年12月8日(土) 15:00~18:00
場所:早稲田大学戸山キャンパス31号館2F208教室

15:00~15:10 司会・趣旨説明  森原 隆(早稲田大学)
15:10~16:00 著者による報告  薩摩 真介(広島大学)
16:15~16:45 コメント1    松園 伸(早稲田大学)
16:45~17:15 コメント2    君塚 弘恭(早稲田大学)
17:30~18:00 質疑応答
18:30~20:30 懇親会

第72回大会(2018年7月)

日時:2018年7月14日(土) 14 : 00~18 : 30
場所:早稲田大学戸山キャンパス33号館438教室

第1部:博士後期課程進学者による研究発表   14 : 00~15 : 45

三枝 亮也(博士後期課程1年)
「1870年代のパリにおける公娼制度廃止運動」 14 : 00~14 : 50

大久保 里香(博士後期課程1年)
「1920-30年代ドイツにおけるカリタスと断種政策」 14 : 55~15 : 45

第2部:合評会 共同研究論文集『ヨーロッパの政治文化史 統合・分裂・戦争』   16 : 00~18 : 00

司会・趣旨説明  森原 隆(本学教授)   16 : 00~16 : 10
1.コメント   齋藤 敬之(本学助手)   16 : 10~16 : 35
2.コメント   日尾野 裕一(本学助教)   16 : 35~17 : 00
3.コメント   齋藤 正樹(本学非常勤講師)   17 : 00~17 : 25
4.リプライ、全体討議     17 : 25~18 : 00

休憩(10分)

第3部:ヨーロッパ文明史研究所総会   18 : 10~18 : 30

第71回大会(2017年12月)

前田 徹教授・井内 敏夫教授・村井 誠人教授ご退職記念講演会

日時:2017年12月9日(土) 15:00~17:40
場所:早稲田大学戸山キャンパス36号館6F681教室

15:00~15:10 司会・趣旨説明 森原 隆教授(早稲田大学)
15:10~15:50 前田 徹教授  「シュメール史研究を振り返って」
<休憩>
16:00~16:40 井内 敏夫教授 「来た道を振り返って、ポーランド史」
<休憩>
16:50~17:30 村井 誠人教授 「消えゆくもの」
17:30~17:40 送辞      大内 宏一名誉教授(早稲田大学)

第70回大会(2017年7月)

日時:2017年7月8日(土) 15:00~18:30
場所:早稲田大学戸山キャンパス33号館16階第10会議室

第1部:研究発表       15:00~18 : 10   

高橋 謙公(博士後期課程)
「中世後期地中海世界におけるシチリアと海事秩序」  15 : 00~16 : 30

正木 慶介(文化構想学部社会構築論系助教)     
「フォックス『崇拝』と政治的晩餐会」     16:40~18:10

第2部:ヨーロッパ文明史研究所総会    18:10~18:30

第69回大会(2016年12月)

英国王立防衛安全保障研究所アジア本部(RUSI Japan)所長・元NHK解説委員秋元千明氏講演会
「始動する日英同盟の再生と不確実な世界」

日時:2016年12月10日(土) 15:00~17:30
場所:早稲田大学戸山キャンパス33号館3F333教室

司会・趣旨説明  森原 隆(早稲田大学)
15:00~16:30  秋元千明氏講演「始動する日英同盟の再生と不確実な世界」
  休憩
16:50~17:10  コメント  松園 伸(早稲田大学)
17:10~17:30  質疑応答

第68回大会(2016年7月)

日時:2016年7月9日(土) 15:00~18:30
場所:早稲田大学戸山キャンパス33号館6階第11会議室

第1部:博士課程進学者による研究発表       15:00~15:50

大塚 将太郎(博士後期課程)     
「13・14世紀における教皇と枢機卿の関係」            15:00~15:50

第2部:合評会 黒田祐我著『レコンキスタの実像―中世後期カスティーリャ・グラナダ間における戦争と平和』                        16:00~18:00

司会・趣旨説明  甚野 尚志(本学教授)            16:00 ~16:10
1.コメント 加藤 玄(日本女子大学准教授)          16:10~16:40
2.コメント 踊 共二(武蔵大学教授)             16:40~17:10
3.リプライ 黒田 祐我(信州大学准教授)           17:10~17:30
4.全体討議                          17:30~18:00

第3部:ヨーロッパ文明史研究所総会          18:10~18:30

第67回大会(2015年12月)

ナショナリズム―ドイツとフランス、フランスとドイツ―

日時:2015年12月19日(土) 14:00~18:00
場所:早稲田大学戸山キャンパス31号館2F205教室

14:00~14:10 司会・趣旨説明  森原 隆(早稲田大学)
14:10~14:50 報告1 小原 淳(和歌山大学)「帝政期ドイツにおける戦争の記憶とナショナリズム」
14:50~15:30 報告2 飯田 洋介(岡山大学)「ビスマルクとフランス・ナショナリズム」
15:30~15:50 休憩
15:50~16:30 報告3 南 祐三(早稲田大学)「19世紀末から20世紀初頭におけるフランス右翼ナショナリズムとドイツ」
16:30~17:00 コメント 大内 宏一(早稲田大学) 「なぜナチの歴史家が第三共和政の歴史書を書いたのか」
17:00~18:00 討議

第66回大会(2015年7月)

日時:2015年7月11日(土) 15:00 ~ 18:30
場所:早稲田大学戸山キャンパス39号館5階第5会議室

第1部:博士課程進学者による研究発表       15:00 ~ 18:10

林 賢治 (博士後期課程)     
「12世紀のアドモントにおける修道院改革」            15:00 ~ 16:00

湯浅 翔馬(博士後期課程)
「フランス第三共和政初期のボナパルト派とジュール・アミーグ」   16:00 ~ 17:00

休憩(10分)

日尾野 裕一(博士後期課程)        
「18世紀前半ブリテンの北米植民地鉄産業統制政策の形成 ―勧業から統制へ―」  17:10 ~ 18:10

第2部:ヨーロッパ文明史研究所総会          18:10 ~ 18:30

第65回大会(2014年12月)

Shinsuke Satsuma, Britain and Colonial Maritime War in the Early Eighteenth Century: Silver, Seapower and the Atlantic (2013, The Boydell Press, Woodbridge) 合評会

日時:2014年12月13日(土) 15:00~17:45
場所:早稲田大学戸山キャンパス39号館6F第7会議室

趣旨説明・司会  森原 隆(早稲田大学)         15:00~15:10
 「薩摩真介氏の近著について」
基調報告  薩摩 真介(早稲田大学)            15:10~15:55
 「Britain and Colonial Maritime War in the Early Eighteenth Century ――執筆の背景と概要の説明―-」
コメント 
飯田 洋介(岡山大学)                   16:10~16:30
 「薩摩氏の近著 Britain and colonial maritime war in the early eighteenth centuryに寄せて」   
松園 伸(早稲田大学)                  16:30~16:50
 「海軍史、トランスアトランティック・ヒストリーとイギリス議会政治の架橋―薩摩氏の海事史研究の投げかけるもの」
質疑応答                         17:00~17:45

第64回大会(2014年7月)

日時:2014年7月12日(土) 13:00~18:30
場所:早稲田大学戸山キャンパス36号館682教室

第1部:博士課程進学者による研究発表        13:00~15:20

糸 隆太    13:00~13:35
「ローマ国家と牧畜 -共和政ローマにおける牧畜の管理とその実態-」
岸田 菜摘                             13:35~14:10
「ビザンツ皇帝と正教会―九世紀の正教会史と姦通論争(795‐811)を中心に―」
高橋 謙公                        14:10~14:45
「13世紀後半における初期アンジュー朝期のイタリア支配検討」
金崎 邦彦                             14:45~15:20
「ブリテン海軍における強制徴募―その実態と社会的影響―」

第2部:蝶野立彦著『十六世紀ドイツにおける宗教紛争と言論統制』(彩流社、2014年)

合評会 15:30 ~ 18:00 
主旨説明 甚野 尚志 (本学教授)                   15:30~15:40
1. コメント① 和田 光司 (聖学院大学教授)            15:40~16:10
2. コメント② 皆川 卓 (山梨大学准教授)             16:10~16:40
3. 著者からの応答 蝶野 立彦 (本学非常勤講師)           16:40~17:10
4. 全体討議                           17:10~18:00

第3部:ヨーロッパ文明史研究所総会          18:00~18:30

第63回大会(2013年12月)

バルカン半島からみた中世ヨーロッパ 唐澤晃一著『中世後期のセルビアとボスニアにおける君主と社会-王冠と政治集会-』(刀水書房、2013年)合評会

日時:2013年12月14日(土) 14:30~17:30
場所:早稲田大学戸山キャンパス33号館16F第10会議室

14:30~14:40  司会・趣旨説明  甚野 尚志(早稲田大学)
14:40~15:20 「唐澤晃一氏の著作を読む─―ビザンツ=セルビア関係史の視点から」  大月 康弘(一橋大学)
15:20~16:00 「コンスタンティノープルとローマのあいだで――セルビア、ボスニア、
ロシアにおける君主と集会のあり方」  三浦 清美(電気通信大学)
16:20~16:50  著者からの応答  唐澤 晃一(早稲田大学)
16:50~17:30  全体討論

第62回大会(2013年7月)

日時:2013年7月13日(土) 13:00 ~ 18:30
場所:早稲田大学戸山キャンパス32号館228教室

第1部:修士論文提出者による研究発表       13:00 ~ 15:15

津澤 真代 13:00~13:45
「15世紀フィレンツェにおける大学政策―1473年の大学「再編」をめぐって」
紀 愛子                             13:45~14:30
「ナチ体制期ドイツにおける「安楽死」作戦と障害者観―ヴィルヘルム期からナチ体制期まで―」
星野 友里                       14:30~15:15
「1939年南ティロールにおける国籍選択と「民族ドイツ人」―その外的条件と対応―」

第2部:合評会  共同研究書 『ヨーロッパ・「共生」の政治文化史』 15:30 ~ 17:40

司会   森原 隆 (本学教授)
1. コメント 大内 宏一 (本学教授)                15:30~16:00 
第Ⅰ部 政治的「共生」の文化史                 
2. コメント 川崎 康司 (本学非常勤講師)             16:00~16:30
第Ⅱ部 社会的「共生」の政治文化
3. コメント 和田 光司 (聖学院大学教授)             16:30~17:00
第Ⅲ部 宗教的「共生」の政治文化
4.全体討議                            17:15~18:15

第3部:ヨーロッパ文明史研究所総会          18 :15 ~ 18:30

第61回大会(2012年12月)

「フロンティア」からみた中世地中海世界-宗教的対立と融和の構図-

日時: 2012年12月15日(土) 14:00~18:30
場所: 早稲田大学戸山キャンパス34号館355教室

14:00~14:10   司会・趣旨説明  甚野 尚志(早稲田大学)
14:10~14:50  中世イベリア半島における「フロンティア」―境域に生きたひとびとの実像― 黒田 祐我(日本学術振興会)
14:50~15:30   中世クレタにおける小さな「フロンティア」―都市カンディアの共生社会― 高田 良太(駒澤大学)
15:40~16:20   東地中海域における陸・海の「フロンティア」     太田 敬子(北海道大学)
16:20~16:40  コメント(1)  唐澤 晃一(早稲田大学)
16:40~17:00  コメント(2)  河野 淳(広島修道大学)
17:15~18:30  質疑応答

第60回大会(2012年7月)

日時:2012年7月7日(土) 14:00~ 18:10
場所:早稲田大学戸山キャンパス34号館355教室

第1部 博士後期課程在籍者による研究発表   14:00-14:50

遠藤 慶一(博士後期課程3年)
「カリブ系黒人移民と『肌の色の強迫観念』―20世紀初頭のアメリカ黒人社会における境界線をめぐって―」

第2部 ヨーロッパ・「共生」の政治文化史  15:00-17:40

趣旨説明・司会  森原 隆(本学教授)
1.蝶野 立彦 (本学非常勤講師)報告           15:10~16:10 
「16世紀後半のドイツにおける《隠れカルヴァン主義(Kryptocalvinismus)》紛争と反カルヴァン主義のパンフレット―宗教対立・共生と大衆的情報伝達」
●コメント  皆川 卓(山梨大学准教授)

2.南 祐三(本学助手)報告                 16:20~17:20
「ヴィシー期パリにおける仏独『共生』―対独協力メディアの統制と活動の実態―」
●コメント  大内 宏一(本学教授)

3.全体討議                        17:20~17:40

第3部 ヨーロッパ文明史研究所総会  18:15-18:30

第59回大会(2011年12月)

シンポジウム「ナショナリズム再考―ヨーロッパ近代の国民形成と政治参加―」

日時:2011年12月10日(土) 14:00~17:45
場所:早稲田大学戸山キャンパス31号館311教室

総合司会  森原 隆 (早稲田大学)
主旨説明・問題提起  小原淳 (早稲田大学)   14:00-14:20

報告    松本 彰 (新潟大学)
19世紀ドイツにおける市民社会、国民国家、戦争―協会運動と三重のナショナリズム
14:20-15:00
報告   中澤 達哉 (福井大学)
18-19世紀ハプスブルク複合王政下の近代国民形成と政治的正統性:ヨーロッパの「極端なる典型」
15:00-15:40

コメント  大内 宏一 (早稲田大学)          16:00-16:20
コメント  長谷部 圭彦 (日本学術振興会特別研究員) 16:20-16:40

質疑応答    16:45-17:45

第58回大会(2011年7月)

日時:2011年7月9日(土) 13:00~18:30
場所:早稲田大学戸山キャンパス34号館2F第3会議室

第1部:博士後期課程進学者による研究発表  13:00 ~ 15:10

日尾野 裕一(博士後期課程1年)
「ブリテンによる船舶必需品生産計画 1690-1730」
大畑 夏子(博士後期課程1年)
「レストラン黎明期の美食に関する一考察~Almanach des Gourmandsの美食ジャーナリズム としての価値とは~」

第2部:研究報告        15:30 ~ 17:00

小森 宏美(本学教育・総合科学学術院准教授) 国民国家の形成と「共生」の模索:両大戦間期エストニアの文化自治

第3部:ヨーロッパ文明史研究所総会  17:15 ~ 17 :45

第57回大会(2010年12月)

シンポジウム「世界システムとオスマン帝国―共生と相克のダイナミズム―」

日時:2010年12月4日(土) 13:00~18:00
場所:早稲田大学戸山キャンパス39号館6階第七会議室

司会:森原 隆(ヨーロッパ文明史研究所所長、早稲田大学文学学術院教授)
河野 淳 (早稲田大学:ハプスブルク史) 問題提起「世界システム研究の課題」、報告 「オーストリア・ハプスブルクとオスマン」
山本 大丙(早稲田大学:オランダ史)    報告 「17世紀初期のオランダ共和国とオスマン・トルコ ―貿易史の視点から―」
戸谷 浩 (明治学院大学:ハンガリー史) 報告 「システムの交わる所の相貌:牛と西へ、羊と南へ」
小松 香織(早稲田大学:オスマン史)氏からのコメン
薩摩 真介(早稲田大学:イギリス史)氏からのコメント

第56回大会(2010年7月)

日時:2010年7月10日(土) 13:00~18:30
場所:早稲田大学戸山キャンパス34号館2F第三会議室

第1部:博士後期課程進学者による研究報告   13:00~14:40

齋藤 敬之(博士後期課程1年)「近世都市における『取締』―アウグスブルクのポリツァイ条例を通じて」
遠藤 慶一(博士後期課程1年)「19世紀合衆国の黒人国外移住運動にみるハイチ像」

第2部:『ヨーロッパ・エリート支配と政治文化』合評会   15:00~18:15

評者:
南 祐三 (早大・博士後期課程)
白木 太一(大正大学 准教授)
薩摩 真介(早大・非常勤講師)
黒田 祐我(早大・助手)
梶田 知志(早大・博士後期課程)

第3部:ヨーロッパ文明史研究所総会   18:15~18:30

第55回大会(2009年12月)

シンポジウム「慈善(チャリティ)からみたヨーロッパ史」

日時:2009年12月12日(土) 13:30~17:30
場所:早稲田大学戸山キャンパス39号館6F第7会議室

司会:甚野 尚志(早稲田大学)
趣旨説明:松園 伸(早稲田大学)
問題提起:金澤 周作(京都大学)
「ヨーロッパ他者救済史の中の近代イギリス」
各時代・地域からの応答
1.関 哲行(流通経済大学)
「中近世スペインの救貧―サンティアゴ王立施療院の場合―」
2.高津 秀之(早稲田大学)
「近世都市ケルンにおける“慈善”と“統治”の交錯」
3.山口 みどり(大東文化大学)
「慈善と女性―ヴィクトリア朝の“無給の牧師補”―」

第54回大会(2009年7月)

日時:2009年7月11日(土) 14:00~18:00
場所:早稲田大学戸山キャンパス39号館6F第7会議室

第1部:博士後期課程進学者による研究報告  14:00~14:40

櫻井 絵美夏(博士後期課程1年)「マリの王ジムリ・リムの外交政策」

第2部:ヨーロッパ文明史研究所総会  15:00~15:40

第3部:甚野尚志著『十二世紀ルネサンスの精神』を読む  16:00~18:00

コメンテーター:鈴木 喜晴(本学研究生) 小田内 隆(立命館大学教授)
司会:青野 公彦(早稲田大学高等学院)

第53回大会(2008年12月)

シンポジウム「地中海地域の碑文文化―碑文はどこまで歴史を語れるか?―」

日時:2008年12月6日(土) 13:00~18:30
場所:早稲田大学戸山キャンパス33-2号館2F第一会議室

コーディネーター:小林 雅夫(早稲田大学)
司会:松原 俊文(早稲田大学)

1.前野 弘志(広島大学)
「公的碑文?私的碑文?― クライアントの視点からみたアッティカの決議碑文―」

2.田中 咲子(名古屋ボストン美術館)
「ギリシアの墓碑浮彫りと墓碑銘」

3.藤澤 明寛(早稲田大学)
「破廉恥 infamia について」

4.梶田 知志(早稲田大学)
「 Homo Pugnans ― 墓碑銘に見る剣闘士(gladiator)の生と死」

5.竹山 博英(立命館大学)
「イタリアの近・現代の墓碑」

第52回大会(2008年7月)

日時:2008年7月5日(土) 13:00~18:30
場所:早稲田大学戸山キャンパス36号館681教室

第1部:講演会  13:00~14:30

三宅 正樹(明治大学名誉教授)「ユーラシア外交に学ぶ」

第2部:博士後期課程進学者による研究報告  14:45~17:40

正木 慶介(博士後期課程1年)    14:45~15:25
「ロッキンガム派ウィッグの政治理念 ―その分裂性と歴史的意義― 」  

本多 光(博士後期課程1年)             15:25~16:05
「1903年ディック法にみるアメリカ合衆国民兵制度改革
―連邦国家アメリカにおける民兵管理権問題 ― 」

諸井 弘輔(博士後期課程1年)             16:20~17:00
「1860年代のシュトロスマイエル司教の国家構想と「南スラヴ科学芸術アカデミー」
― 南スラヴ主義、クロアティア主義、三位一体王国主義 ― 」    

大渓 太郎(博士後期課程1年)         17:00~17:40)
「ノルウェーにおける政治的スカンディナヴィア主義の展開
― 1864年から1870年代前半を中心に ― 」          

第3部:ヨーロッパ文明史研究所総会  17:40~18:00

第51回大会(2007年12月)

岐路に立つキリスト教会―中・近世ヨーロッパにおける「改革」運動の諸相―

日時:12月15日(土) 13:30~18:00
場所:早稲田大学戸山キャンパス39号館6階第7会議室

趣旨説明                  13:30~13:45
報告
1.鈴木 喜晴 氏(博士後期課程)      13:45~14:30
中世後期における托鉢修道会の「歴史」記述-カルメル会を例に―

2.青野 公彦 氏(本学高等学院教諭)    14:30~15:15
コンスタンツ公会議(1414-1418)における改革問題

<休憩>15:15~15:30

3.高津 美和 氏(博士後期課程)      15:30~16:15
16世紀ルッカの「異端者」たち―イタリアにおける宗教改革と人文主義―

4.山本 大丙 氏(本学非常勤講師)     16:15~17:00
17世紀オランダ地動説論争史―宗教改革と科学―

<休憩>17:00~17:15

討論・質疑応答               17:15~18:00

第50回大会(2007年7月)

日時:2007年7月7日(土) 13:30~18:30
場所:早稲田大学戸山キャンパス39号館6階第7会議室

第一部:博士課程進学者による研究報告       13:30~17:30

熊坂 渉 氏(博士後期課程1年)         13:30~14:15
「1848/49年革命期のドイツにおける普通選挙の成立」
飯田 ちひろ 氏(博士後期課程1年)       14:15~15:00
「1822年改革から見たシベリア」
福山 佑子 氏(博士後期課程1年)        15:00~15:45
「ドミティアヌス帝の属州統治に関する一考察」
大久保 五月 氏(博士後期課程1年)       16:00~16:45
「シュルギ王讃歌の考察―王と神の「家族的紐帯」を中心に―」     
中山 八歩 氏(博士後期課程1年)  16:45~17:30     
「古バビロニア時代の奉仕義務」

第二部:ヨーロッパ文明史研究所総会       17:30~18:00

第49回大会以前については今後更新します。