修士論文題目一覧

2017年度

提出者 題目 指導教員
大久保 里香 1920-30年代ドイツにおけるカリタスと断種政策
小原 淳
三枝 亮也 1870年代パリにおける公娼制度廃止運動についての一考察 森原 隆
深田 大久 ドミニコ会枢機卿ヘルバエウス・ナタリスの法思想 甚野 尚志
宮田 杏子 中近世都市アウクスブルクの上層民ネットワークについて 甚野 尚志

 

2016年度

提出者 題目 指導教員
奥村 広太
フランス1889年徴兵制制定とその議論
森原 隆
黒澤 正樹 アルビジョワ十字軍開始前後における教皇特使の活動と地域諸権力 甚野 尚志
高柳 さおり ヒルデガルド・フォン・ビンゲン像の再構築 甚野 尚志
矢野 夏樹 シトー会修道院と地域権力 甚野 尚志

 

2015年度

提出者 題目 指導教員
大塚 将太郎
教皇グレゴリウス一〇世期(一二七一~一二七六年)における教皇と枢機卿の関係
甚野 尚志
河津 真世 一九世紀のロシアにおけるインテリゲンツィヤの見た大地信仰 井内 敏夫

 

2014年度

提出者 題目 指導教員
オールセン
八千代

デンマークの「自由都市クリスチャニア」における社会的実験としての容認と
その背景

村井 誠人
井上 早紀子 Die Sudetendeutsche Landsmannschaftの成立と展開 大内 宏一
鈴木 健史 二〇世紀初頭イングランドにおける建設労働者ナヴィ 松園 伸
織田 真紗未 一二世紀の聖地における聖ヨハネ騎士修道会の医療 甚野 尚志
柏木 雄介 二〇世紀初頭のベラルーシにおけるナショナリズム運動の発展 井内 敏夫
木内 翔 ステュアート亡命宮廷に関する一考察 松園 伸
武田 啓佑 中世後期イングランドにおける王の心身と王国の調和 甚野 尚志
徳村 卓哉 ハンブルク歴史協会と市民 大内 宏一
林 賢治 一二世紀の改革派修道院における知的状況 甚野 尚志
平野 良明 一三世紀カタリ派の思想的背景 甚野 尚志
細野 菜穂 近代心霊主義再考 松園 伸
湯浅 翔馬 フランス第三共和政初期のボナパルト派に関する一考察 森原 隆

2013年度

提出者 題目 指導教員
金崎 邦彦 ロイヤル・ネイヴィーにおける強制徴募 松園 伸
高橋 謙公 中世後期地中海世界におけるシチリア史を巡って 甚野 尚志
田村 初穂 パリ総救貧院に関する一考察 森原 隆
宮本 圭太 ヨアヒム・フォン・リッベンドロップと日独伊ソ四国連合構想 大内 宏一
森山 高根 イギリスのファシズムと政府の規制 松園 伸
佐藤 大輔 ゴールドハーゲン論争の論点及び考察 大内 宏一

 

2012年度


提出者 題目 指導教員
糸 隆太 ローマ国家と牧畜 井上 文則
田代 憲司 サルデーニャ国王カルロ・アルベルトによる国務院の創設(1831年) 森原 隆
加藤 和之 19世紀前半期のフランスにおける「政教分離」思想 森原 隆
林 白塵 The conflict within the NAACP during the Great Depression 竹本 友子
岸田 菜摘 ストゥディオスのテオドロスと「姦通論争」 甚野 尚志
津澤 真代 15世紀フィレンツェにおける大学の変容 井上 文則
堤 麻衣子 16世紀後半のフランスにおける儀礼テ・デウム 森原 隆
野間田 美穂 ブルッヘにおけるシャルル・ル・テメレールの婚礼 森原 隆
星野 友里 1939年南ティロールにおける国籍選択 大内 宏一
森 健太朗 レオーフォン・カプリーヴィ期におけるポーランド人宥和政策の意義について 大内 宏一

 

2011年度


提出者 題目 指導教員
羽鳥   江津子 サルデーニャ王国におけるマッシモ・ダゼーリョと自由主義に関する一考察 森原   隆
植木   佑果 パーネルと第1次アイルランド自治法案について 松園   伸
川島   大輔 中世盛期トゥールーズ伯領における権力関係 甚野   尚志
澤口   文 ドイツ国王選挙に関する一考察 甚野   尚志

 

2010年度


提出者 題目 指導教員
酒巻 諭史 ローマにおけるDIVUS 小林   雅夫
川音 尚史 ルイ九世の君主観 甚野   尚志
鈴木 麻央 一八世紀フランスのサロン展をめぐる国家・芸術家・「公衆」 森原  隆
馬場 教碧 中央党論争(Zentrumsstreit)の経過とその影響について 大内   宏一
日尾野 裕一 一八世紀初頭ブリテンの北米植民地船舶必需品生産計画  松園   伸

2009年度


提出者 題目 指導教員
遠藤   慶一 19世紀合衆国の黒人国外移住運動にみるハイチ像 竹本   友子
小川   薫 十八世紀初頭フランスの政治的過度期と「王の聴罪司祭」 森原  隆
三井   優一 古代ローマ艦隊の社会的役割 小林   雅夫

 

2008年度


提出者 題目 指導教員
安彦   夏南子 カティリーナ陰謀事件の背景考察ースッラの植民政策とルルス農地法案を中心にー 小林   雅夫
辻   淳司 フランス近世都市における「公共善」-マルセイユの事例からー 森原  隆
川田   真菜子 16世紀後半における「ヴェネツィア神話」の拡がりに関する一考察
ーフランチェスコ・サンソヴィーノの『ヴェネツィア:チッタ・ノビリッシマ』を中心にー
森原  隆
櫻井   絵美夏 マリの王 ジムリ・リムの外交政策ー治世初期の対シンジャール政策を中心にー 前田   徹
旗手   友和 共和制後期における「劇場の政治化」について 俳優と劇作家の分離に関する考察 小林   雅夫
深井   聡美 「ゾチアル・デモクラート」にみるJ・B・v・シュヴァイツァーの思想
ー1860年代の時代状況をふまえてー
大内   宏一

 

2007年度


提出者 題目 指導教員
大浦   拓哉 ポイティンガー地図からみる古代ローマの情報源についての研究 小林   雅夫
正木   慶介 ロッキンガム派ウィッグの政治理念 ─保守性と急進性1769、1779、1789─ 松園   伸
酒井   薫 15世紀後半の黒海・地中海北東地域におけるジェノヴァ人の活動
──対オスマン「外交」、本国との連携に関する考察──
甚野   尚志
本多   光 1903年ディック法にみるアメリカ合衆国民兵制度改革
──連邦国家アメリカにおける民兵管理権問題──
竹本 友子
大溪   太郎 ノルウェーにおける政治的スカンディナヴィア主義の展開
──1864年から1870年代前半を中心に──
村井   誠人
片岡   祐美子 シュメールにおける都市と神
──ラルサの王賛歌に都市神ラトゥが出てこないことの意味──
前田   徹
加藤   万結子 1860~80年代ロシアにおける革命思想の展開 井内   敏夫

 

2006年度


提出者 題目 指導教員
折原   良樹 古バビロニア時代の王権観 ─Simdatumと王権の拡大─ 前田   徹
諸井   弘輔 1860年代におけるシュトロスマイエル司教に関する一考察
 ─その政治・国家思想と「南スラヴ科学芸術アカデミー」の創設を中心に─
井内   敏夫
飯田   ちひろ 16-17世紀ロシアのシベリア経営に関する研究 井内   敏夫
大久保   五月 シュルギ王賛歌の考察─王と神の家族的紐帯を中心に─ 前田   徹
熊坂   渉 1848/49年革命期のドイツにおける普通選挙の成立 大内   宏一
佐久間   哲志 ルーズベルトとユダヤ人問題 竹本   友子
福山   佑子 属州バエティカにおける地方都市のローマ化 小林   雅夫

 

2005年度


提出者 題目 指導教員
前川   陽祐 オットー・ヘッチュ(1876-1946)の政論におけるロシアとポーランド
 ─ヴィルヘルム期ドイツにおける東方観の一例として─
大内   宏一
花田   達郎 エリザベス期議会における議事手続研究 松園   伸
大森   亮三 中世貴族の法意識 ─"Historia Wolforum(ヴェルフェンの歴史)"から─ 小倉   欣一
河面   祐
ナチス・プロパガンダにおけるイメージとシンボルの効用 大内   宏一
菊池   雄太 16世紀中葉のハンザ商人とアムステルダム商人 ─1564年の「請願書」を出発点に─ 小倉   欣一
吉藤   智宏 Hagia sophia第二次建築に関する考察 小林   雅夫
渡邉   裕一 帝国都市ニュルンベルクにおける謝肉祭慣行とその変容
 ~15・16世紀シュンバルトラウフを例に~
小倉   欣一

 

2004年度


提出者 題目 指導教員
井出   匠 1860年代におけるスロヴァキア・ネイション形成運動の展開
 ―啓蒙文化団体マチツァ・スロヴェンスカーMatica slovenskaの設立および活動を中心として―
井内   敏夫
大澤   寿子 「長期の16世紀」におけるヴェネツィアのスクオーレ・グランディ 小林   雅夫
梶田   知志 剣闘士養成所(ludus gladiatorius) ―その年代的・実態的考察― 小林   雅夫
斎藤   正樹 ヴィルヘルム時代ドイツにおけるフェルキッシュ的宗教について
 ―ヴィルヘルム・シュヴァーナーの民族教育運動を中心として―
大内 宏一
久保山   尚 1725年の麦芽税事件について ―合同後のグラスゴウにおける民衆騒動と政治文化― 松園   伸
南   祐三 1930年代フランスの極右新聞に関する一考察 森原  隆

 

2003年度


提出者 題目 指導教員
北田   悦子 Antinous信仰についての考察─2世紀の古代ローマの宗教と宗教観念─ 島田   誠
熊谷   直 ローマの下層市民とタベルナの研究 島田   誠
黒田   祐我 11世紀イベリア半島におけるパーリア制 甚野   尚志
薩摩   真介 スペイン継承戦争後のブリテンの海賊鎮圧政策
─ウッズ・ロジャーズによるバハマの海賊掃討を中心に─
竹本 友子
中山   八歩 ハンムラビ占領下における「ラルサ地域」の耕地経営について 前田   徹

 

2002年度


提出者 題目 指導教員
盛岡   旅人 アメリカ黒人の政治意識の変化
─ 一九六〇年代後半~一九七〇代前半のニュージャージー州ニュー・アーク市 ─
竹本 友子
谷山   孝子 古代ローマの家族─世帯構成員を中心に─ 小林   雅夫
渡辺   彩 17世紀ハンガリー、ヘジアヤ地方における市場町社会~自治と貴族化の問題をめぐって~ 井内   敏夫
内山   さつき 一九二〇年代におけるスペイン・アナキーズムの女性解放思想
─フェデリーカ・モンセニーをめぐって
竹本 友子
金井   均之 ルクレル・ド・モンリノー研究 森原 隆
斎藤   あずさ ブルゴーニュ公国における金羊毛騎士団について 野口   洋二
永橋   千世 11・12世紀における巡礼と聖職者 野口   洋二
日野   知顕 ドイツ皇帝ヴィルヘルム二世と側近の政治的諸関係 ─ 「個人統治」の性格 ─ 大内 宏一

 

2001年度


提出者 題目 指導教員
浅利   真由
19世紀イギリスにおける議会と政府―鉄道政策を中心に―
松園   伸
飯田   洋介 1883-84年におけるビスマルク体制の危機と植民地政策
―アングラ・ペケーナ獲得交渉と親仏反英政策―
大内   宏一
菊地   数馬 ドイツ現代史研究所の創設 大内   宏一
小山   寛之 聖界領邦の形成と聖堂参事会
―マインツ大司教コンラート1世の治世(1183-1200)を中心として―
小倉   欣一
西連寺   ゆき 仏領インドシナ政策におけるフランス極東学院 森原   隆
白井   理恵 近代サルデーニャ王国の地方行政
―地方長官とコムーネの関係を中心として―
森原   隆
宮武   哲平 中世後期ユーリヒ伯領における森林利用をめぐる支配構造
―ヴァイステューマをおもな史料として―
小倉   欣一