日文
早稲田大学文学学術院、日本語日本文学コース
space2
space3

news大学院文学研究科 日本語日本文学コース

newsコース案内

文学の基本は言葉である。
日本語日本文学コースでは、日本語とその歴史を深く研究するとともに、
個々の文学作品の特色とその歴史的意義を幅広く考察する。
このようにして言葉とは何か、文学とは何かを考究するということは、
われわれが拠って立つ文化の本質を理解しようとすることにほかならない。
それはまた日本という座標から、世界を認識することにもつながる。
そしてさらに、新しい文化を創造するための出発点ともなる。
日本語日本文学コースが目指すのは、まさにこのような形での、明日の日本文化の創造なのである。

news教育の方針と教科内容

日本語日本文学への関心は近年世界的に高まりつつあるが、
その現代性、将来への可能性を見据えた、深い知見に根差した意味づけは、必ずしも十分とは言えない。
日本語が世界に開かれた可能性に満ちた世界であり、日本文学が日本人の知的営みの総体として、
世界を認識し未来を創造するものであるという明確な意識を持つことは、
真に魅力ある日本文学へ熱い世界の眼が高まっている現在、最も現代的な課題である。
内外の、日本語日本文学への高度の認識とその社会への還元力・応用力を持った若い世代を育てることは、
世界的な文化情報センターでもある早稲田大学の重要な務めであり、
他大学には無い長い教育伝統と豊富な実績を持った日本語日本文学コースの、21世紀への文化貢献である、と考える。
そうした理念に立ち、新しい試みや広範なプロジェクトで、
外国からの留学生を含めた日本語日本文学の大学院修士課程・博士後期課程学生に刺激を与えつつ、
国際社会など多様な場で活躍できる高度な学術研究が可能な若手研究者を養成し、
かつ学際的な分野への対応能力(専門応用能力)を培えるよう教育し、
多数の課程博士を育て、日本文化ひいては21世紀の世界の学術に資するよう取り組んで行く。

news進学案内

日本語および日本文学全般について、豊かな見識と、専門的な知識を獲得するための技術とを身につけ、
それぞれの研究分野・対象のエキスパートを養成することが、本コースの研究教育上の理念であり、目的である。
日本文学においては、上代・中古・中世・近世各時代の散文・韻文研究に対応し、近代・現代では明治・大正・昭和・現代文学の研究に対応、 また、日本語学においては古語から現代語にいたるまでの音韻・文字・語彙・文法・方言などの多岐にわたる日本語学分野研究に対応する体制をつくっている。
研究方法においても、従来の文学・言語理論から最新のメディア・表象理論、文化研究、ポストコロニアリズム等にいたるさまざまな方法に対応できる教員がそろう。
主として日本文学または日本語学の研究者、ひろく日本文学または日本語学の教育に携わる者、日本文学または日本語学の高度の専門知識を必要とする編集者、ジャーナリスト、表現者を養成する。近年、世界各地からの留学生も多く、新たな見方・思考が交叉するゼミは活気に溢れる。
主な進路:大学・短大教員、高校教員、研究所、出版社、マスコミ各社ほか

news指導教員

news指導教員紹介

news それぞれの先生のお名前をクリックすると、早稲田大学の研究者データベースに移動します。
研究者データベースでは、先生方のプロフィールや業績、担当授業などを紹介しています。

news高松 寿夫...................[上代韻文]
news松本 直樹...................[上代散文]
news陣野 英則...................[中古散文]
news兼築 信行...................[中古韻文]
news和田 琢磨...................[中世散文]
news池澤 一郎...................[近世散文]
news宗像 和重...................[近代文学]
news高橋 敏夫...................[近代文学]
news鳥羽 耕史...................[近代文学]
news十重田 裕一.................[近代文学]
news河野 貴美子.................[和漢比較]
news澤崎 文...................[日本語学]
news上野 和昭...................[日本語学]
news森山 卓郎...................[日本語学]

TOPに戻るnews