News&Event

シンポジウム『3D考古学の再挑戦:遺跡・遺構の非破壊調査研究』当日予稿集
および『デジタル技術を用いた古墳の非破壊調査研究』調査報告書、販売中!

・予稿集(A4判本文64ページ)、報告書(A4判本文120ページ)いずれもフルカラー印刷
※報告書・予稿集は、来年度に学術レポジトリでの無料公開を予定しております。掲載期日は未定です。

・2冊セットで¥2,500円(特別価格)郵送料別¥360円(2セットまで郵送料は変わりません)
※予稿集・報告書セットでのご購入のみ受け付けております。

・購入希望の方は以下のお問い合わせ先までご連絡ください。
その際、送付先のご住所とご購入セット数を明記ください。

・お問い合わせ先
3Dシンポジウム事務局(早稲田大学文学部考古学研究室)
メール :k.takenouchi@aoni.waseda.jp(@を半角)
電話番号:03ー5286ー3646(考古学研究室)

2017年10月21・22日開催『3D考古学の再挑戦:遺跡・遺構の非破壊調査研究』予稿集目次

1.遺跡探査の重要性
亀井宏行・・・・・・・・1
2.地中レーダー探査(GPR)は貝塚の実態をどこまで明らかにできるかー加曽利貝塚の探査を通じてー
高橋龍三郎・西野雅人・菅谷通保・松田光太郎・・・・・7
3.探査でわかる古墳の構造
阿児雄之・沖原高志・・・・・・・15
4.GPRを利用した大規模遺跡における地下マップ制作の実践ー特別史跡西都原古墳群(宮崎県西都市)ー
東憲章・・・・・・・・・21
5.ホンジュラス世界遺産ーコパンのマヤ遺跡におけるデジタル三次元測量とGPR調査の成果と課題ー
寺崎秀一郎・中村誠一・・・・・・・29
6.エジプトにおける遺跡探査
馬場匡浩・近藤二郎・・・・・・・・37
7.UASを用いた遺跡周辺環境計測
早川裕弐・・・・・・・・・・45
8.レーザ計測による大規模構造物の三次元デジタル化と解析
大石岳史・・・・・・・・51
9.密林に覆われたアンコール遺跡群の実像解明
下田一太・田畑幸嗣・・・・・・・・・57

早稲田大学考古学会 2017年度研究発表会のお知らせ
【開催日】2017 年12月16日(土)
【開催場所】早稲田大学戸山キャンパス36 号館6 階681 教室
※一般参加可

【公開講演会】14:30 ~ 15:40 
近藤 二郎 氏〔早稲田大学文学学術院教授〕
「ネクロポリス・テーベ研究の地平ーエジプト・ルクソール岩窟墓プロジェクトー」

【研究発表会】15:50 ~ 18:00
福田 莉紗 氏 〔早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程〕「ビーズネットの起源と機能―エジプト第25 王朝からプトレマイオス朝における葬送に関する一考察―」

佐藤 由似 氏〔 奈良文化財研究所〕
「ポスト・アンコール期カンボジア王都に関する研究ー出土陶磁器分析からの検討ー」

【懇親会】18:20 ~ 於:舟形や2号店
※東京メトロ早稲田駅1 番出口近く。研究発表会後に会場までご案内いたします。

早稲田大学考古学会 2017年度総会のお知らせ
【開催日】2017 年4 月22 日(土)

【公開講演会】14:30 ~ 15:30 於:早稲田大学戸山キャンパス36 号館6 階681 教室
御堂島 正 氏〔大正大学文学部歴史学科教授〕
「石器実験痕跡研究の構想と展望」

【研究発表会】15:40 ~ 17:40 於:早稲田大学戸山キャンパス36 号館6 階681 教室
伝田 郁夫 氏〔早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程〕
「常総の埴輪生産とその系譜」

中川 渚 氏〔総合研究大学院大学文化科学研究科博士後期課程〕
「ペルー北部高地パコパンパ遺跡における儀礼と社会階層化―出土土器の分析から―」

【懇親会】18:15 ~ 於:船形や2 号店
※東京メトロ早稲田駅1 番出口近く。研究発表会後に会場までご案内いたします。

早稲田大学考古学会 2016年度研究発表会のお知らせ
【開 催 日】2016 年12 月17 日(土)※一般参加可

【開催場所】早稲田大学戸山キャンパス36 号館6 階681 教室

【研究発表会】14:30 ~ 16:30
ナワビ 矢麻 氏 〔早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程〕
「GIS を用いたガンダーラにおけるクシャン朝期仏教寺院の研究-ハッダ・タキシラを事例として-

中村 有希 氏〔 早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程〕
「馬頭観世音の造立の様相 -埼玉県の事例を中心に-

【公開講演会】16:30 ~ 18:00
山本 暉久 氏〔昭和女子大学教授〕
「縄文時代中期文化の繁栄と衰退 -山梨県北杜市諏訪原遺跡の調査成果を通じて-

【懇 親 会】18:15 ~ 於:舟形や2号店
※東京メトロ早稲田駅1 番出口近く。研究発表会後に会場までご案内いたします。

早稲田大学考古学会 2016年度総会のお知らせ
【開催日】2016 年4 月16 日(土)

【公開講演会】14:30 ~ 15:30 於:早稲田大学戸山キャンパス36 号館681 教室(予定)
寺崎 秀一郎 氏〔早稲田大学文学学術院教授〕
「先住民文化の変容と継承―レンカ、エンベラ、クナの事例から―」

【研究発表会】15:40 ~ 17:40 於:早稲田大学戸山キャンパス36 号館681 教室(予定)

鈴木 朋美 氏〔早稲田大学文学学術院助手〕
「サーフィン文化の地域性を考える-ベトナム中部初期鉄器時代の甕棺墓遺跡出土土器の分類を通じて」

竹野内 恵太 氏〔早稲田大学文学学術院助手〕
「エジプト初期王朝時代における石製容器の生産・消費構造の変容」

【懇親会】18:15 ~ 於:船形や2 号店(予定)
※東京メトロ早稲田駅1 番出口近く。研究発表会後に会場までご案内いたします。

早稲田大学考古学会 2015年度研究発表会のお知らせ
【開催日】2015 年12 月12 日(土)

【公開講演会】14:30 ~ 15:30 於:戸山キャンパス36 号館5 階582 教室
長谷川 奏 氏〔早稲田大学総合研究機構客員教授〕
「エジプト地中海沿岸湖沼地帯の考古学調査-砂丘集落をめぐる自然環境と経済活動-

【研究発表会】15:30 ~ 18:00 於:戸山キャンパス36 号館5 階582 教室
安倍 雅史 氏 〔早稲田大学高等研究所助教〕
「古代文明ディルムンの起源を求めて-バハレーン、ワーディー・アッ=サイル考古学プロジェクト-

小原 俊行 氏〔 群馬県教育委員会〕
「関東平野北西域におけるAS-BP Group 降灰期の石器群の編年試論」

相場 峻  氏 〔早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程〕
「後期武蔵型板碑の形態変化とその終焉 -東京都内の事例を中心に-

【懇親会】18:00 ~
※研究発表会後に会場までご案内いたします。

早稲田大学考古学会 2015年度総会のお知らせ
【開催日】2015 年4 月18 日(土)

【公開講演会】14:30 ~ 15:30 於:早稲田大学戸山キャンパス36 号館681 教室
近藤 二郎 氏〔早稲田大学文学学術院教授〕
「エジプト・テーベ西岸の岩窟墓調査:その調査の歴史と最近の発見から」

【研究発表会】15:40 ~ 17:40 於:早稲田大学戸山キャンパス36 号館681 教室
山田 綾乃 氏〔早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程〕
「ピラミッド建設下における労働者の組織化とその発展-建築墨書の判読・分析からの諸検討-

中山 なな 氏〔早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程〕
「江戸の子どもの墓と乳幼児期の身体的ストレス-出土人骨にみられるエナメル質減形成の分析-

【懇親会】18:15 ~ 於:船形や2 号店
※東京メトロ早稲田駅1 番出口近く。研究発表会後に会場までご案内いたします。

早稲田大学考古学会 2014年度総会のお知らせ
【開催日】2014 年4 月19 日(土)

【公開講演会】14:30 ~ 16:40 於:早稲田大学戸山キャンパス36 号館382 教室
岡内 三眞 氏〔早稲田大学文学学術院名誉教授〕
「シルクロードを調査して」

田畑 幸嗣 氏 〔早稲田大学文学学術院准教授(2014 年4 月着任予定)〕
「カンボジア考古学の現状と課題」

【研究発表会】16:40 ~ 17:40 於:早稲田大学戸山キャンパス36 号館382 教室
深山 絵実梨 氏〔早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程〕
「先史時代東南アジアにおけるヒトとモノの移動
-軟玉製耳飾の素材・製作系統と分布の視点から-」

【懇 親 会】18:15 ~ 於:船形や2 号店
※東京メトロ早稲田駅1 番出口近く。研究発表会後に会場までご案内いたします。

早稲田大学考古学会 2013 年度公開講演会のお知らせ
【開催日】2013 年12 月14 日(土)

【公開講演会】14:00開場、14:30 ~ 15:30 於:文学部36 号館6 階682 教室
後藤 直 氏〔早稲田大学文学学術院客員教授〕
「日・朝青銅器の比較」

【研究発表会】15:40 ~ 17:40 於:文学部36 号館6 階682 教室
久米 正吾 氏 〔東京文化財研究所〕
「ユーラシア古代遊牧社会形成の比較考古学」に向けて-シリア、ユーフラテス河中流域とキルギス、天山山脈域での考古学調査-」

深山 絵実梨 氏 〔早稲田大学大学院文学研究科〕
「先史時代東南アジアにおけるヒトとモノの移動 -軟玉製耳飾の素材・製作系統と分布の視点から-」

【懇親会】18:15 ~ 於:船形や1 号店(予定)
※馬場下町交差点「てんや」近く。研究発表会後に会場までご案内いたします。

【公開シンポジウム】 縄文時代装身具の考古学 -身体の装飾をどうとらえるか-

■開催日時■ 2013 年11 月16 日(土) 13:00-18:20(12:00 開場)
11 月17 日(日)  9:45-16:40(9:00 開場)
■会  場■ 早稲田大学 戸山キャンパス36 号館 382 教室(2 日間とも)
■そ の 他■ 事前申し込み不要、入場無料(予稿集は有料にて頒布)

<主  催>早稲田大学先史考古学研究所
<共  催>早稲田大学総合人文科学研究センター研究部門
<後  援>早稲田大学総合人文科学研究センター
早稲田大学総合研究機構

■プログラム■
11 月16 日(土)( 司会:大網信良( 早稲 ≪お問い合わせ≫
早稲田大学考古学会事務局
〒162-8644 東京都新宿区戸山1-24-1 早稲田大学文学部考古学研究室内
Tel/Fax 03-5286-3646  担当:大網信良田大学))
12:00  開場
12:50  開会挨拶    土肥 孝(前文化庁)
13:00 ~ 14:00 基調講演「東アジア的視点から玦状耳飾りを考える」   宮本一夫(九州大学)
14:10 ~ 15:10 「福井県桑野遺跡出土石製装身具が呈出した諸課題」    ≪お問い合わせ≫
早稲田大学考古学会事務局
〒162-8644 東京都新宿区戸山1-24-1 早稲田大学文学部考古学研究室内
Tel/Fax 03-5286-3646  担当:大網信良木下哲夫(あわら市郷土歴史資料館)
16:20 ~ 17:20 「前期初頭の玉飾り-中国新石器時代玉器との比較-」   谷藤保彦(群馬県埋蔵文化財調査事業団)
17:20 ~ 18:20 「大珠研究の意義-威信財研究から見た縄文集落の構成-」   栗島義明(さきたま史跡の博物館)
18:50       懇親会

11 月17 日(日)( 司会:大網信良( 早稲田大学))
9:00        開場
9:45 ~ 10:45 「鹿角製腰飾りに関する考察」   西川博孝(千葉県教育振興財団)
11:00 ~ 12:00 「縄文時代の漆製品-櫛飾りの考古学-」   小林  克(秋田県埋蔵文化財センター)
12:00 ~ 13:00 昼食休憩
13:00 ~ 14:00 「縄文後・晩期の土製耳飾りと縄文社会」   吉田泰幸(金沢大学)
14:10 ~ 15:10 「縄文身体装飾の社会的意味」   高橋龍三郎(早稲田大学)
15:10 ~ 16:10 「石製装身具総論( 始源期)-玦状耳飾り研究の現在-」   藤田富士夫(敬和学園大学)
16:40   閉会挨拶   近藤二郎 (早稲田大学)

<お問い合わせ> ≪お問い合わせ≫
早稲田大学考古学会事務局
〒162-8644 東京都新宿区戸山1-24-1 早稲田大学文学部考古学研究室内
Tel/Fax 03-5286-3646  担当:大網信良
早稲田大学先史考古学研究所
〒162-8644 東京都新宿区戸山1-24-1
早稲田大学文学部考古学研究室内(事務局:大網)
☎03-5286-3646

早稲田大学考古学会2013年度総会のお知らせ

日時:2013年4月20日(土) 14:00~
場所:早稲田大学戸山キャンパス 36号館382教室
【総会】(14:00~14:30)
【公開講演会】(14:30~15:30)
細谷 葵 氏 (お茶の水女子大学 特任講師)  「自然から食物を作り出す人々の営みを考える―人工遺物としての植物遺存体分析と、現代の伝統社会の観察から―」
【研究発表会】(15:30~17:30)
大網 信良 氏 (早稲田大学文学学術院 助手)  「縄文土器の規格性と自由度について―中期後葉・連弧文土器を対象に―」
鈴木 朋美 氏 (早稲田大学大学院文学研究科 博士後期課程)  「ベトナム初期鉄器時代サーフィン文化土器編年試案―ゴーマーヴォイ遺跡出土土器の型式分類―」
懇親会  18:00~

岡内三眞先生最終講義のお知らせ

日時:2013年1月26日(土) 14:45~16:15
場所:早稲田大学大隈記念講堂大講堂

岡内三眞 教授
「歴史を掘って50年―ユーラシアの東西交流を探る―」

※17:00よりリーガロイヤルホテル東京にて岡内先生古稀記念祝賀会を開催いたします(参加費15,000円)。
参加を希望される方は、お名前、ご住所、ご所属等を明記の上、下記までその旨をご連絡ください。
連絡先:岡内三眞先生古稀記念事業事務局(jiu-bao-tian@aoni.waseda.jp)

講演会のお知らせ

日時:2013年1月12日(土) 16:00~
場所:早稲田大学戸山キャンパス 39号館1階考古学研究室

毛利和雄 氏
「不動産文化財と都市法―保護の歴史と今後の課題」

早稲田大学考古学会2012年度総会・公開講演会のお知らせ

日時:2012年4月21日(土) 14:00~
場所:早稲田大学戸山キャンパス 36号館681教室
総会(14:00~14:30)
【公開講演会】(14:30~15:30)
須田 勉 氏 (国士舘大学文学部 教授)  「古代地方官寺の成立―下野薬師寺と筑紫観世音寺―」
【研究発表会】(15:30~17:30)
赤司 千恵 氏 (早稲田大学文学学術院 助手)  「植物考古学からみた動物利用:シリア前期青銅器時代の事例」
平原 信崇(早稲田大学大学院 博士後期課程)  「ハウス・タンバランの構造と機能―2011年度パプアニューギニア・セピック川流域における調査事例を中心に―」
懇親会  18:00~

三大学合同シンポジウム『パプアニューギニア民族誌から探る縄文社会』

日時:2012年2月25・26日(土・日) 13:00~17:10/9:30~16:10
場所:早稲田大学大隈小講堂(25日)/早稲田大学小野記念講堂(26日)   ※会場が異なりますのでご注意ください

2月25日(土) 早稲田大学大隈小講堂
13:00 開会の挨拶  浦野正樹(早稲田大学文学学術院長)
【基調報告】
13:10 パプアニューギニアの土器製作民族誌から学ぶ  高橋龍三郎(早稲田大学文学学術院教授)
【研究発表】
14:10 パプアニューギニアの石斧―南山大学人類学博物館所蔵民族誌資料の考古学的研究―  黒沢浩(南山大学人文学部准教授)
14:50 遺体を巡る争い―パプアニューギニア・トーライ社会における家族とクランの対立―  小坂恵敬(オーストラリア国立大学博士課程)
15:30 休憩
15:50 ミルンベイ州ワリ島の土器製作の民族誌  中門亮太(早稲田大学會津八一記念博物館助手)
16:30 縄文時代の土器生産に関する事例研究  山本孝司(東京都埋蔵文化財センター)

2月26日(日)早稲田大学小野記念講堂
【研究報告】
9:30 イーストケープ地方の土器生産と交易  中門亮太(早稲田大学會津八一記念博物館助手)
10:10 2011年度セピック川流域における民族考古学的調査報告―儀礼と組織―  平原信崇・岩井聖吾(早稲田大学大学院文学研究科修士課程)
10:50 休憩
11:10 亀ヶ岡式土器の分布と遠距離交易  小林圭一(山形県埋蔵文化財センター)
11:50 アイボム村の土器製作  井出浩正(東京国立博物館)
12:30 昼食
【総括講演】
13:30 土器製作の民族誌―技術的選択と技術移転に関する近年の学史的動向から―  後藤明(南山大学人文学部教授)
14:30 パネルディスカッション
16:00 閉会の挨拶  岡内三眞(早稲田大学文学学術院教授)

早稲田大学考古学会2011年度総会・公開講演会のお知らせ

日時:2011年12月10日(土) 14:00~
場所:早稲田大学戸山キャンパス 36号館581教室
総会(14:00~14:30)
【公開講演会】(14:30~15:30)
沼澤 豊 氏  「古墳設計論の成果と展望」
【研究発表会】(15:30~17:30)
城倉 正祥(早稲田大学文学学術院 専任講師)  「漢魏洛陽城研究の最前線」
久保田 慎二(早稲田大学文学学術院 助手)  「中国新石器時代末期における鼎から鬲への煮沸器転換に関する実験考古学的研究―山西省西南部を中心に―」
懇親会  18:00~

第15回「東アジアの歴史と文化」懇話会のお知らせ

日時:11月19日、午後2時~
場所:早稲田大学戸山キャンパス 32号館3階322-2教室
発表者・タイトル:
岡内三眞 先生 (早稲田大学文学学術院 教授)

早稲田大学大学院文学研究科考古調談話会 夏季調査報告会のお知らせ

日時:10/11(火)18:30~20:00ごろまで
場所:早稲田大学文学部39号館1階考古学実習室
発表者・タイトル:
山田綾乃「クフ王・第2の船、蓋石取り上げ調査 調査報告」
服部智至「骨格標本作成 ー動物考古学における基礎的資料の収集ー」
青木弘「千葉県芝山町高田2号墳第一次調査 ー九十九里の前方後円墳を測るー 」

早稲田大学史学会2011年度大会のお知らせ

日時 2011年10月15日(土)
会場 早稲田大学文学部39号館6階第7会議室
考古学部会(10時00分~)会場 早稲田大学文学部39号6階第7会議室
①ベトナム中部サーフィン文化の副葬土器  石井彩子(本学修士課程修了)
②ベトナム出土甕棺の分類と検討 鈴木朋美(本学大学院生)
③下総台地の環状ブロック群の研究 小原俊行(本学大学院生)

早稲田大学考古学会2010年度総会・講演会・研究発表会のお知らせ

日時 2010年4月24日(土) 早稲田大学文学部39号館
会場 早稲田大学文学部36号館681教室
総会(14時00分~)

公開講演(14時30分~)
長崎潤一氏(早稲田大学文学学術院教授)
「北海道旧石器研究の課題─千歳市柏台I遺跡の投げかけたもの─」

小林圭一(山形県埋蔵文化財センター専門調査研究員)

「亀ヶ岡式土器成立期をめぐる諸問題」

研究発表
馬場匡浩(早稲田大学エジプト学研究所次席研究員)

「古代エジプトの土器製作工程を復元する」
懇親会(18時00分頃~) 舟形や2号店(予定)

早稲田大学共同公開講演会のお知らせ
菊池徹夫教授(早稲田大学文学学術院)
「比較考古学の新地平」

日時:2010年2月6日(土) 15:00~16:30
会場:早稲田大学大隈大講堂
主催:早稲田大学 比較考古学研究所・シルクロード調査研究所・先史考古学研究所・エジプト学研究所

早稲田大学考古学会第15回研究発表会のお知らせ

日時:2009年12月19日(土) 15:00~18:00
会場:早稲田大学文学部36号館382教室
発表者
高橋龍三郎氏・中門亮太氏(早稲田大学文学学術院)
「土器の型式変化と分布に関する民族考古学的研究-パプアニューギニア・ミルンベイ州の事例から」p言」
鈴木伸哉氏(千代田区立四番町歴史民俗資料館)「出土木製品の用材からみた近世の木材利用史」
小泉龍人氏(早稲田大学人間科学学術院)「西アジア彩文土器の復原焼成実験」
懇親会(18:00~) 舟形や2号店(予定)

早稲田大学公開講演会のお知らせ
グレン・サマーヘイズ教授(ニュージーランド・オタゴ大学)
「オセアニア考古学の最新の成果 Recent Development of Archaeology in Oceania」

日時:2009年12月19日(土) 13:00~14:30
会場:早稲田大学文学部36号館382教室
早稲田大学考古学会2009年度総会のお知らせ
日時:2009年4月18日(土) 14:00~
会場:早稲田大学文学部36号館681教室
公開講演会(14:30~16:00)
考古学部会(10時00分~)会場 早稲田大学文学部39号館6階第7会議室
網 伸也 氏((財)京都市埋蔵文化財研究所)「平安京研究の現状と課題─考古学からのアプローチ─」
研究発表会(16:00~18:00)
考古学部会(10時00分~)会場 早稲田大学文学部39号館6階第7会議室
中沢 道彦 氏(長野県佐久地方事務所)「縄文時代における球根類利用について」
宮里 修 氏(早稲田大学文学学術院)「朝鮮無文土器文化の青銅器副葬」
懇親会(18:00~) 舟形や2号店(予定)

考古学部会(10時00分~)会場 早稲田大学文学部39号館6階第7会議室
早稲田大学考古学会2010年度総会・講演会・研究発表会のお知らせ  日時 2010年4月24日(土)   会場 早稲田大学文学部36号館681教室  総会(14時00分~)  公開講演(14時30分~)   長崎潤一氏(早稲田大学文学学術院教授)    「北海道旧石器研究の課題─千歳市柏台I遺跡の投げかけたもの─」   小林圭一(山形県埋蔵文化財センター専門調査研究員)    「亀ヶ岡式土器成立期をめぐる諸問題」