早稲田社会学会大会および総会

  早稲田社会学会HP TOP  

早稲田社会学会大会

当学会の年次大会は、例年、7月の土曜日に開催され、午前中に一般報告、午後にシンポジウムが行われております。

第69回(2017年度)大会および総会について

  開催のお知らせ

 本年度の早稲田社会学会大会および総会は、2017年7月8日(土) に、早稲田大学文学学術院(戸山キャンパス33号館3階第1会議室)において開催されます。
 シンポジウムのテーマは「人文・社会科学の危機」を考えるです。


第69回大会プログラム

日時: 2017年7月8日(土)10:00〜18:00(受付開始 9:30〜)
会場: 早稲田大学戸山キャンパス 33号館3階 第1会議室
参加費: 1,000円(学部生は無料)

一般報告 10:00〜12:00


司会 田辺 俊介(早稲田大学)・麦倉 泰子(関東学院大学)

報告者

清水 克郎 (岩波書店)
ボブ・ディランの社会学

酒井 宏明(早稲田大学大学院文学研究科)
「社会の心理学化」論の再検討

大坪 真利子(早稲田大学文学学術院)
「常人の視角」における同性愛者の不可視性の問題について


大窪 彬夫(早稲田大学大学院社会科学研究科)
『社会分化論』の再解釈の試み

シンポジウム 13:30〜17:00


テーマ:「人文・社会科学の危機」を考える

報告者(敬称略)

田中 千津子(学文社)
苦境に立つ学術専門書の飛躍を思う――編集者の現場からの視点

太郎丸 博(京都大学)
科学の政治化と社会学の「危機」

松本 三和夫(東京大学)
学術と社会の境界面で想起すべきこと――科学社会学者の視点

討論者:那須 壽(早稲田大学)・山田 真茂留(早稲田大学)
司会者:大黒屋 貴稔(聖カタリナ大学)・関水 徹平(立正大学)

<趣旨説明>
 近年、「人文・社会科学の危機」がしばしば指摘されている。文部科学省が2015年6月に各国立大学に出した、人文・社会科学系学部などの廃止や他分野への転換を求める「通知」は記憶に新しいところであろう。この「危機」は、国家の研究・教育政策の変化(公共部門の運営効率化を目指す、いわゆるNew Public Managementの導入)と関係づけて論じられたり、「アカデミック・キャピタリズム」と呼ばれる、外部資金獲得に向けた市場的競争に大学が巻き込まれる、あるいは積極的に関与する事態(大学の企業化)として指摘されたりもする。こうした変化は、人文・社会科学知の産出も自律的な営みではありえず、産業界からの要請や「社会的有用性」という要請に応答する営みという性格をますます強めていることを示しているかもしれない。  「人文・社会科学の危機」とは一体いかなる事態を指しているのか。そして、そのような「危機」を産み出す社会的な背景・文脈とはいかなるものであるのか。本年度の早稲田社会学会シンポジウムでは、「危機」として語られる人文・社会科学内外の変容を主題とし、こうした変容の実態とそれを産み出す社会的な背景・文脈とを、社会学的な視点からより明確に認識することを目指す。  報告者には、科学社会学の立場から自然科学・科学技術と社会の関係を問い、近年は社会学研究のあ・E阨についても考察されている松本三和夫氏(東京大学)、日本の社会学研究のあり方について実証的研究を積み重ねてこられた太郎丸博氏(京都大学)、学術出版の現場で人文・社会科学知の生産に携わり、学術コミュニケーションのあり方を長年見てこられた田中千津子氏(学文社)の御三方をお招きする。  コメンテーターには、知の社会学の観点から文部科学省の大学政策を検討してきた那須壽氏(早稲田大学)、学術出版のフィールドワークから人文・社会学知のあり方を考究されてきた山田真茂留氏(早稲田大学)をお迎えする。    
(文責:聖カタリナ大学 大黒屋貴稔・立正大学 関水徹平)





過去の大会プログラム

第68回大会 (2016年7月 9日)
第67回大会 (2015年7月 4日)
第66回大会 (2014年7月 5日)
第65回大会 (2013年7月13日)
第64回大会 (2012年7月14日)
第63回大会 (2011年7月 9日)
第62回大会 (2010・7月10日)
第61回大会 (2009年7月 4日)
第60回大会 (2008年7月 5日)
第59回大会 (2007年7月14日)
第58回大会 (2006年7月 1日)
第57回大会 (2005年7月 2日)
第56回大会 (2004年7月 3日)
第55回大会 (2003年7月 5日)
第54回大会 (2002年7月13日)
第53回大会 (2001年7月14日)
第52回大会 (2000年7月 8日)
第51回大会 (1999年7月10日)
第47回(1995年度)〜第50回(1998年度)
  Copyright (c) The Waseda Sociological Society