デモセッション発表一覧

参加登録者には,学術大会前の10月下旬ごろに
各発表のデモ動画のリンク先をご連絡します.

11月6日(土)の大会当日までに,
各発表のデモ動画をご覧頂き,
当日のマシンガントークセッションで
直接発表者の講演を聞いた後,ブレークアウトルームで
直接ディスカッションして頂ければと思います.


 DS1-1〜3  再生医療とバイオエレクトロニクス

DS1-1 機械学習と機械工学の融合による細胞数計測アプリの開発
    今城 哉裕 1),2) 徳岡 雄大 2),菊原 魁人 2),山田 貴大 2),
    竹村 研治郎 2),舟橋 啓 2)
    1) 東京女子医科大学・先端生命医学研究所
    2) 慶應義塾大学・理工学部

深層学習とものづくりの融合によりスマートフォンで撮影した写真から細胞数の
計測を行うアプリを開発した.



DS1-2 超高感度・超高利得なウェアラブル生体計測システムの開発
    高松 泰輝,三宅丈雄
    早稲田大学大学院・情報生産システム研究科

本講演では生体向けウェアラブル・デバイスの無線駆動および,
生化学情報の無線計測について報告する.



DS1-3 細胞治療用金属製ナノ注射器の開発
    小山 和洋,三宅丈雄
    早稲田大学大学院・情報生産システム研究科

細胞治療のための細胞加工に用いる金属製ナノ注射器を開発,
高効率,高生存率な物質導入について報告する.




 DS1-4〜11 リハビリテーションとヒューマンセンシング

DS1-4 視覚・力覚の同時フィードバックによるニューロリハビリ
    支援システム
    池田 開 1),木村 浩彰 2),平田 和彦 3),栗田 雄一 1)
    1) 広島大学 先進理工系科学研究科
    2) 広島大学病院 リハビリテーション科
    3) 広島大学病院 診療支援部 リハビリテーション部門


バーチャルハンドによる動作提示と空気圧人工筋による運動支援を
用いたリハビリ支援システムを構築する.



DS1-5 空気圧人工筋を用いた免荷式歩行訓練システムの開発
    ー前後方向に追従機構を搭載した免荷装置の開発・評価ー
    佐々木滉大1),柴田芳幸2),櫻田武3),山本紳一郎1)
    1)芝浦工業大学大学院,2)東京都立産業技術高等専門学校,
    3)立命館大学


一般に免荷歩行訓練では上部が固定され運動が制限される.
本講演では前後に追従機構を持つ装置を紹介する.



DS1-6 呼吸運動練習のための非接触式の胸腹部運動特徴可視化
    システム
    安川 洵1),小阪 勇気1),井原 拓哉2),加藤 淳平3),
    高瀬 宏文3),藤田 浩二2),二村 昭元2)
    1)日本電気株式会社,2)東京医科歯科大学,
    3)株式会社NECライベックス


距離カメラを用いた非接触式計測システムを開発し,呼吸運動
練習中の胸部と腹部の運動特徴を可視化できた.



DS1-7 前後屈動作におけるL4-L5腰部負担解析のための
    物理モデル開発
    藤田亘1),土谷圭央 1),吉田道拓 2),田中孝之 3)
    1)苫小牧工業高等専門学校
    2)北海道大学大学院情報科学院
    3)北海道大学大学院情報科学研究室

非侵襲的な計測方法として腰部を模した物理モデルによる
計測システムを作製し,腰部負担推定を行う.



DS1-8 身体的個人差を考慮したAI歩容フィードバック訓練システム
    大澤優輔 1),綿貫啓一 1)2),楓和憲 1)2)
    1)埼玉大学大学院理工学研究科
    2)先端産業国際ラボラトリー

訓練者の歩容を基に,機械学習によりつまずきにくさの特徴を
活性化させた歩容を生成し,提示するシステム.



DS1-9 弾性体内蔵型柔軟関節を有した背屈サポートユニット
    小野 翔正(大分大学), 中原 麻葵(大分大学大学院),
    阿部 功(大分大学), 菊池 武士(大分大学),
    田中 健一朗(大分大学), 松本 康史(大分芸短大)

フレイル高齢者用の弾性体内蔵型柔軟関節を用いた背屈サポート
ユニットのデモンストレーションを行う.



DS1-10 人体への振動刺激と電気刺激による運動錯覚を用いた
     リハビリテーションに関する基礎研究
    本田功輝,奥浪翔太,中島康貴,山本元司
    九州大学大学院 工学研究院 機械工学部門
    (医工連携・健康長寿学講座)

脳卒中後の運動機能の回復を目指し,振動刺激による運動錯覚の
潜時の短縮手法として電気刺激を利用した結果について報告する.



DS1-11 Sensorless Interaction torque estimation in a lower limb
     rehabilitation robot
     Thuy Nguyen Vu and Shin-ichiroh Yamamoto
     (Shibaura Institute of Technology)
     

This manuscript introduces our developed lower limb
rehabilitation robot actuated by Pneumatic artificial muscle.
A nonlinear disturbance observer and an artificial neural
network were utilised to estimate value of subject-robot
interactive torque online without using any force/torque
sensors.




  DS2-1〜11 ロボット工学とヒューマンアシスト

DS2-1 ヒト下肢の筋配列による機構特性を応用したロボットレッグ
    万野 真伸1),榊原 七夏海1),後藤 大輔1),小出 卓哉2),
    高濱 拓2),3),塩澤 成弘1),藤川 智彦2)
    1)立命館大学 , 2)大阪電気通信大学
    3)東京医科歯科大学医学部附属

ヒト下肢の筋配列による機構特性を応用したロボットレッグを
製作し,跳躍着地動作を再現できることを証明した.



DS2-2 人力ロボティクス
    菅原 雄介 1),遠藤 央 1),岡本 淳 2),武田 行生 1)
    1) 東京工業大学,2) ソニア・セラピューティクス(株)

人力駆動・コンピュータ制御のロボット技術「人力ロボティクス」
とそのリハビリ応用の可能性について紹介する.



DS2-3 親指のリハビリテーションのための装着型過拘束
    パラレルロボット
    Choi Woohyeok,武田 行生
    東京工業大学・工学院

3自由度過拘束パラレル機構であり,親指のCMCとMP関節に対する
「屈曲-伸展」と「内転-外転」を提供する.



DS2-4 高齢者の歩行速度調整能力を訓練するための
    変速トレッドミルの開発
    (赤外線センサによる足位置の計測)
    横内 佑哉 1),楊 承潤 2),片庭 昂太 2),甲斐 義弘 2),
    菅原 憲一 3)
    1) 東海大学大学院機械工学専攻
    2) 東海大学機械工学科
    3) 神奈川県立保健福祉大学リハビリテーション学科

赤外線センサを用いて足の位置を計測できる変速トレッドミルの
開発について述べる.



DS2-5 速度ベースメカニカル安全装置を搭載した肘関節用
    アシストスーツの開発
    (デモンストレーション動画からの安全装置の有効性
    についての考察)
    金田 篤 1),王 振植 1),長谷川 翔一 1),甲斐 義弘 2),
    菅原 憲一 3)
    1) 東海大学大学院工学研究科,2) 東海大学機械工学科,
    3) 神奈川県立保健福祉大学リハビリテーション学科

開発した安全装置を搭載した肘関節用アシストスーツの
デモ動画から安全装置の有効性について考察する.



DS2-6 空気圧ソフトアクチュエータを用いた足関節の関節可動域
    訓練装置
    岡本 宙(大阪工業大学),谷口 浩成(大阪工業大学)

本発表では,設計した装置の構造および駆動原理,試作した装置の
動作実験について報告する.



DS2-7 人の動作を補助する受動関節を利用したスキルアシスト
    ロボット
    小塚 裕明(金沢大),佐藤 玄(金沢大院),
    高橋 卓馬(金沢大),立矢 宏(金沢大)

本講演では,受動関節を利用して人の動作と協調し,手先の
位置決めを補助するロボットについて報告する.



DS2-8 “着るレントゲン“センサースーツと骨盤ベルト型
    アシストツールのアクティブコルセット
    吉田 道拓 1),田中 孝之 2),土谷 圭央 3)
    1)北海道大学大学院情報科学院,
    2)北海道大学大学院情報科学研究院,3)苫小牧高専

腰部負担推定のためのセンサースーツと骨盤ベルト型
アシストスーツのアクティブコルセットを紹介する.



DS2-9 深屈曲からの立ち上がりを支援するPolycentric型膝装具
    の開発
    戸 健(大分大学理工学部)
    菊池 武士(大分大学理工学部)
    阿部 功(大分大学理工学部)

深屈曲からの立ち上がりを支援する膝関節運動を模擬した
生体適合性の高いPolycentric型膝装具の開発.



DS2-10 ツインドライブ型MR流体アクチュエータを用いた
    遠隔操作型内視鏡下手術模擬システム
    池田 旭花 1),山口 晃徳 2),高野 哲仁 2),阿部 功 1),
    菊池 武士 1)
    1) 大分大学 理工学部,2) 大分大学大学院 工学研究科

私たちは,MR流体を活用し,力覚提示可能な遠隔操作型
内視鏡下手術用の模擬システムを開発した.



DS2-11 機能別実効筋理論に基づく上肢の動的筋特性の推定と解析
    三宅 真由(横浜国立大学大学院・理工学府)
    下野 誠通(横浜国立大学大学院・工学研究院)

力−速度曲線の算出による,最大発揮出力および上肢筋群の
動的な筋特性の解析・推定手法を提案しました.


トップへ
トップへ
戻る
戻る