期間と場所

第56 回日本生気象学会大会(東京)
大会長 永島 計
早稲田大学人間科学学術院
会期:2017 年10 月26 日(木)~10 月28 日(土)
共催:早稲田大学人間科学学術院
会場:早稲田大学 大隈記念講堂小講堂および26 号館11 階1102 会議室
〒169-0071 東京都新宿区戸塚町1-104
TEL:03-3203-9746(早稲田大学、講堂事務所)
大会事務局:日本旅行公務法人営業部
第56 回日本生気象学会大会受付・サポート事務局
TEL: 03-5402-6471(土日祝日を除く平日09:30-17:30)
e-mail: jsb_56@nta.co.jp
大会URL:http://www.waseda.jp/assoc-jsb56/

大会中のイベント

10 月26 日(木)(26 号館(大隈記念タワー)1102 会議室)
13:00~15:00 編集委員会
15:00~17:00 幹事会
10 月27 日(金)
8:30 受付開始
9:20~ 9:30 開会の挨拶
9:30~11:40 若手・学生コンテスト
11:40〜13:20 ランチタイム
12:10~12:50 熱中症予防研究委員会(26 号館(大隈記念タワー)1102 会議室)
13:20〜15:06 若手・学生コンテスト
15:16~16:36 シンポジウム
「生活そして運動の場所としての屋内環境を考える」
16:46~17:36 一般口演
19:00~21:00 懇親会・若手・学生コンテスト表彰式(新宿プリンスホテル)
10 月28 日(土)
8:30 受付
9:00~10:46 一般口演
10:46~12:00 ポスター発表(会場ロビー)
12:00〜13:00 ランチタイム
13:00~14:30 総会,評議員会,論文賞・奨励賞受賞記念講演
14:40~16:28 一般口演
16:28~16:35 閉会の挨拶

1日目のスケジュール

第1 日:2017 年10 月27 日(金)
9:20~9:30 開会の挨拶
若手・学生コンテスト
9:30~10:30 座長 鈴木パーカー 明日香(立正大学)
1.連続した屋敷森が夏季日中の集落小気候形成に及ぼす影響
遠藤皆美,橋本 剛,今 和俊,栗原広佑,立川あゆ(筑波大学)
2.ドローンを用いた正確で簡便なボーエン比法の開発
上野一喜,太田俊二(早稲田大学大学院人間科学研究科)
3.ツマグロヒョウモンの北上に関する生気候学的研究
望月宏美, 山口隆子(法政大学)
4.山形県最上郡金山町の民家における薪ストーブ利用の実態調査 集落立地と家屋形態に着目して
栗原広佑, 橋本 剛, 今 和俊(筑波大学大学院)
5.夏の生活季節期日の全国分布の推定 生活季節と地域気候特性に関する研究 その3
住里公美佳,長野和雄(京都府立大学大学院)
10:30~10:40 休憩
若手・学生コンテスト
10:40~11:40 座長 松崎 健太郎(島根大学)
6. Effect of estradiol administration on thermoregulatory responses induced by application of menthol in
ovariectomized rats
Koyuki Atsumi, Yuki Uchida (Faculty of Human Life and Environment, Nara Women's University)
7.暑熱負荷と姿勢変化による脳の血液出納への影響
瓜本成美1), 佐藤耕平2), 芝﨑 学1)(1)奈良女子大学、2)東京学芸大学)
8.脳波事象関連電位を用いた高体温時の認知機能評価
安倍史恵、松下奈央、中田大貴、芝﨑 学(奈良女子大学生活環境学部)
9.認知課題および暑熱負荷による動的脳血流自動調節能への影響
松下奈央1), 安倍史恵1), 中田大貴1), 上條義一郎2), 芝﨑 学1)(1)奈良女子大学, 2)和歌山県立医
科大学)
10.送風冷却を併用した短期的暑熱順化トレーニングの効果検証
増田雄太1), 永島 計2), 坂井禎良1), 広瀬統一3)(1)早稲田大学スポーツ科学研究科, 2)早稲田大
学人間科学学術院, 3)早稲田大学スポーツ科学学術院)
11:40~13:20 ランチタイム
若手・学生コンテスト
13:20~14:20 座長 内田 有希(奈良女子大学)
11.脳波事象関連電位を用いた急性低酸素暴露時の認知機能評価
高原佑華, 中田大貴, 芝﨑 学(奈良女子大学生活環境学部)
12.一過性の運動時における酸化ストレスと呼気中水素ガスの関連性について
沼野達博1),星 秋夫1),樫村修生2)(1)桐蔭横浜大学大学院スポーツ科学研究科, 2)東京農業大学)
13.環境温が摂食行動に及ぼす影響と体温、活動量との関連
藤巻沙織1), 鷹股 亮2)(1)奈良女子大学大学院人間文化研究科、2)生活環境科学系)
14.拘束浸水ストレス負荷によるラットの海馬CA1 神経活動、腎及び腰部交感神経活動と循環動態の
変化
浮田紘香, 吉本光佐, 三木健寿(奈良女子大学生活環境科学系統御生理)
15.恐怖条件付けされたにおいに対する扁桃体神経活動と循環動態の変化
片岡静香, 吉本光佐, 三木健寿(奈良女子大学生活環境科学系統御生理)
14:20~14:30 休憩
若手・学生コンテスト
14:30~15:06 座長 時澤 健(独)労働安全衛生総合研究所)
16.熊谷市における熱中症搬送者数の地域詳細な実態把握と気象要素との関連性
熊谷拓海,渡来 靖,鈴木パーカー明日香(立正大学地球環境科学部)
17.ランニング時の体側の衣服内気流の推定
宮澤留以1), 佐古井智紀2)(1)信州大学大学院, 2)信州大学)
18.重ね着衣服内の多重反射を考慮した日射吸収率の推定
加藤雄太1),長野和雄1),渡邊慎一2)(1)京都府立大学大学院,2)大同大学)
15:06~15:16 休憩
15:16~16:36 シンポジウム
座長 永島 計(早稲田大学)、重田祥範(公立鳥取環境大学)
「生活そして運動の場所としての屋内環境を考える」
健康,快適性と住まいの環境 松原斎樹(京都府立大学)
生活空間内における微気象観測-気象台で測定される気温の空間代表性-
重田祥範(公立鳥取環境大学)
障害者スポーツと屋内環境 依田珠江(獨協大学)
屋内競技場における温湿度管理の課題と、調湿空調装置による適湿環境の実現
七尾龍一(ダイナエアー株式会社)
16:36~16:46 休憩
一般口演
16:46~17:36 座長 樫村 修生(東京農業大学)
19.ペット散歩時の暑熱環境
登内道彦(気象業務支援センター)
20.夏季スポーツ活動中にアスリートが感じる病的症状の発生要因-性差に関する検討-
山下直之1),久米 雅2),新矢博美3),寄本 明3),芳田哲也1)(1)京都工芸繊維大学,2)京都文教短
期大学,3)京都女子大学)
21.繰り返し熱ストレスを受けた時の心理・生理反応に関する実験的研究
垣鍔 直,石井 仁,吉永美香(名城大学)
22.東京オリンピック・パラリンピック マラソンコースのWBGT(時間×位置)マッピング
松本孝朗1),山下直之2),樊 孟1),稲葉泰
 

 

 

2日目のスケジュール

 
第2 日:2017 年10 月28 日(土)
一般口演
9:00~9:48 座長 都築和代(豊橋技術科学大学)
23.熱中症死亡数の場所別年次推移
中井誠一(京都女子大学)
24.夏季の在宅療養者の暑熱環境下における生活状況に関する実態調査
多留ちえみ1), 岩本裕之2)(1)神戸大学大学院保健学研究科, 2)いであ株式会社)
25.日本の5 都道府県における日最高気温と熱中症の救急搬送者数の関連
水口恵美子(東京有明医療大学)
26. 1996~2016 年夏季における東京都内の熱中症救急搬送者数の推移について
山口隆子(法政大学)
9:48~9:58 休憩
一般口演
9:58~10:46 座長 渡邊 慎一(大同大学)
27.気候変動下における桜の開花季節が文化的な生態系サービスに及ぼす影響の評価
永井 信1), 斎藤 琢2)(1)海洋研究開発機構, 2)岐阜大学)
28.佐賀平野を対象とした広域的な温熱環境調査-ヒートアイランド強度の時空間的特徴-
辻 あゆみ, 酒匂恵美,重田祥範(公立鳥取環境大学 環境学部 環境学科)
29.熊本城公園およびその周辺市街地を対象とした細密な温熱環境測定-大規模緑地がもたらす大気
冷却効果-
酒匂恵美,辻 あゆみ, 重田祥範(公立鳥取環境大学 環境学部 環境学科)
30.日本の中部地方における伝統的農家住宅の正面ファサード意匠の風土地域性
堀越哲美(愛知産業大学)
10:46~ 休憩・ポスター会場へ移動
ポスター発表
10:46~12:00
P-1.The effect of menstrual cycle phase on foot skin temperature during mild local cooling in young women
Yuki Uchida, Koyuki Atsumi (Faculty of Human Life and Environment, Nara Women's University)
P-2.奄美大島における伝統的な高倉と民家の温熱環境調査
石井 仁1),橋本 剛2),渡邊慎一3),栗原広佑2),立川あゆ2)(1)名城大学,2)筑波大学,3)大
同大学)
P-3.サチャインチオイル事前服用が暑熱曝露下持久的運動時の体温調節反応に与える影響
島﨑あかね1),樫村修生2),星 秋夫3),前崎祐二4),清栁典子5)(1)実践女子大学,2)東京農業大
学,3)桐蔭横浜大学大学院,4)日本化薬フードテクノ(株),5)日本化薬(株))
P-4.2020 年東京オリンピックマラソン競技時における選手および観戦者側からみた暑熱曝露のシミュ
レーション
樫村修生1), 常盤勝美2), 星 秋夫3)(1)東京農業大学,2)(株)ライフビジネスウエザー,3)桐蔭横
浜大学大学院)
P-5.高体温時及び顔・頭部冷却時におけるヒト体性感覚認知処理過程の特性
中田大貴, 芝﨑 学(奈良女子大学 研究院生活環境科学系)
P-6.カーフ・レイズ後の人工炭酸泉足浴が下腿部筋弾性に与える影響
山本憲志1), 和田匡史2), 竹ノ谷文子3), 橋本眞明4)(
1)日本赤十字北海道看護大学, 2)国士舘大学,
3)星薬科大学, 4)帝京科学大学)
P-7.夏期における避難所を想定した体育館内温熱環境の実測調査
渡邊慎一1),石井 仁2)(1)大同大学,2)名城大学)
P-8.暑熱馴化によるラット口腔内免疫機能の亢進
松崎健太郎1), 杉本直俊1, 2), 片倉賢紀1, 3), 原 俊子1), 住吉愛里1), 紫藤 治1)(1)島根大学, 2)
金沢大学, 3)城西大学)
P-9.皮膚の遺伝子発現に与える人工炭酸泉浴の影響
橋本眞明1), 大日向 浩2), 山本憲志3)(帝京科学大学 1)東京理学療法学科, 2)学校教育学科,3)日
本赤十字北海道看護大学)
P-10.WBGT の警戒レベルから危険レベルの体温調節反応-基準値運用の再評価-
時澤 健1), ソン スヨン1,2)(1)(独)労働安全衛生総合研究所、2)慶北大学(韓国))
P-11.部位差および着衣の再放熱比を考慮した着衣人体の日射受熱量の評価
加藤雄太1),長野和雄1),渡邊慎一2)(1)京都府立大学大学院,2)大同大学)
P-12.暑熱期における災害避難所内(体育館)の温熱環境測定
Sunuwar Dipendra, 藤野 毅(埼玉大学大学院理工学研究科)
P-13.冬の生活季節期日の全国分布の推定 生活季節と地域気候特性に関する研究 その4
住里公美佳,長野和雄(京都府立大学大学院)
12:00~13:00 ランチタイム
13:00~14:30 総会・評議員会
第1 回日本生気象学会論文賞および第26 回研究奨励賞授与および受賞記念講演
座長 星 秋夫(桐蔭横浜大学)
第1回論文賞
屋外のWBGT 式の伝熱工学的解釈とそこから導かれるWBGT の補正量
佐古井 智紀(信州大学)
第26 回研究奨励賞
Daily Changes of Body Temperature and Heart Rate are Modulated after Estradiol Depletion in Female
Rats
丸井 朱里(早稲田大学人間科学研究科)
居住者視点によるヒートショック対策の検討
北村 恵理奈(京都府立大学大学院)
14:30~14:40 休憩
一般口演
14:40~15:28 座長 西村 直記(日本福祉大学)
31.暑熱負荷時の深部体温の指標としての耳内温の有用性と課題
齊藤宏之1),澤田晋一1),永島 計2)(1)(独)労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所, 2)
早稲田大学)
32.熱中症の発症しやすい環境について
飯田涼太, 黒木尚長(千葉科学大学 危機管理学部 医療危機管理学科)
33.夏季屋外の日射環境における高齢者と若年者の軽運動時のストレス指標に関する研究
都築和代1), 三坂育正2), 成田健一2), 石丸 泰3)(1)豊橋技術科学大学, 2)日本工業大学, 3)環境
情報科学センター)
34.小型の心拍・環境センサー用いたバイタルサインの抽出-生気象におけるIoT 推進のための実証
実験-
重田祥範1), 宮原 啓2), 岩本裕之2), 池田裕一2), 宮下良治2), 平沼 茂2), 登坂弘明3), 苙口隆
重4), 佐多憲二4)(1)公立鳥取環境大学 ,2)いであ株式会社,3)フェーズ3,4)東海大学医学部)
15:28~15:40 休憩
一般口演
15:40~16:28 座長 橋本 眞明(帝京科学大学)
35.住宅温熱環境と排尿状態との関係 第1 報 循環器指標を中心として
野本茂樹1), 岡島慶治2), 高橋龍太郎1)(1)東京都健康長寿医療センター研究所, 2)東京ガス株式
会社)
36.熱中症予防のための夏期室内温熱環境改善と行動変容の促進-高齢者世帯への介入調査から-
柴田祥江,野本 彩,松原斎樹(京都府立大学)
37.夏季の睡眠時における冷房使用と睡眠の質の関係
梅宮典子, 橘 良樹, 小林知広, 中山裕介(大阪市立大学)
38.暖房器具が室内温熱環境と高齢者の熱的快適性に及ぼす影響
森 郁惠1),都築 和代1,2)(1)産業技術総合研究所, 2)豊橋技術科学大学)
16:28~16:35 閉会の挨拶
 

 

大会参加の方々へ
1. 大会参加者は受付にて参加登録の確認を受け,名札をお受け取りください.10 月27 日(金)、
10 月28 日(土)とも8 時30 分より受付を開始します.
2. 大会参加費は(一般4,000 円,学生3,000 円),懇親会費は(一般7,000 円,学生3,000 円)です.
当日参加の方は,受付にて費用をお支払いください
 

 

1. 口演発表は一般口演,若手・学生コンテスト共に12 分(発表9 分,討論3 分)です.演題上に
計時装置を設置します.発表1 分前に1 回,終了時に2回、持ち時間がなくなった時点で3 回
ベルがなります.進行は時間厳守でお願いいたします.
2. 口演発表ではPowerPoint とプロジェクターを用いた発表のみとさせて頂きます.
3. PowerPoint がインストールされたWindowsPC (PowerPoint2016, Windows10),Mac
(PowerPoint2016, macOS Siera 10.12.6)を各1 台ずつ会場に用意します。発表用データの提出
(発表演台にて受け付けます)にご協力下さい。また、ご自身のノートPC をご使用になられる
方には、アナログケーブル(VGA 端子)を用意します。
4. 会場で使用するプロジェクターはXGA(1024×768)の解像度の横:縦の比が4:3 の画面とな
っております。この解像度でスライドをご準備頂ますよう、お願い致します。
5. 発表用のデータをメディアでお持ちいただく場合は,USB フラッシュメモリーでお願いします.
データは必ずバックアップをご準備下さい.お預かりした発表データはデスクトップ上に保存,
発表終了後消去いたします.
6. 発表を円滑に行うため,なるべく事務局のPC に発表用データを入れてご使用下さい(動画など
がある場合を除く).
7. PowerPoint のデータ作成においては,標準フォント(MS ゴシック、MS 明朝等)をご使用下さ
い.それ以外では,正しく表示されない場合があります.
8. PowerPoint のファイルと動画のファイルは必ず同じフォルダーにお入れ下さい.
9. お持込のデータによるウイルス感染の事例がありますので,USB フラッシュメモリーは、事前
に再フォーマット、データは最新のウイルス駆除ソフトでチェックして下さい.
10.持ち込まれるメディアには,当日発表されるデータ以外入れないようにして下さい.
11.発表10 分前までにPC 受付にて,データ・コンピュータ受付及び確認を必ず行って下さい.
12.前発表者が登壇後、直ちに次演者席にお着き下さい.
13.発表時は,演題上にマウスがありますので,ご自身で操作をお願いします.
14.座長の方は,担当セッションの開始5 分前までに次座長席にお着き下さい.時間厳守にご協力く
ださい.
15. ポスターボードのサイズは、横1160mm、縦1700mm です。このサイズより小さいサイズでポスタ
ーを作成してください(B0 縦まで可).左上に演題番号をつけますので,20 cm×20 cm 空けてく
ださい.ポスターは学会期間中にわたって貼り付けが可能です。10 月27 日(金)中、もしくは
10 月28 日(土)9:30 までに行ってください(押しピンはポスター会場に用意してあります).
ポスター発表に座長はつきませんが,発表者は10:46~12:00 の間,ポスター前で討論を行って
ください.撤去は10 月28 日(土)17:00 までにお願いします.定刻になっても撤去されない場
合は事務局で処分させていただきますので,ご了承下さい.
16.生気象学会は専門分野の異なる研究者が参加し、新しい研究分野を創出するための学際的な学会
です.発表者は,生気象学的議論を深めるために,“分かりやすい発表”を心がけてください.
17.若手・学生コンテストは,第1 日目に行います.優秀者を懇親会にて表彰します.若手・学生コ
ンテストにエントリーされた方は懇親会にご出席くださいますようお願いします.
PC 持込の際の注意
1. 持参Mac で発表の場合は,必ず附属のAC アダプター,モニタ出力用変換アダプターを持参
下さい.学会事務局ではご用意しません.
2. 会場で用意するPC ケーブルコネクターの形状はD-sub15 ピンです.一部のノートPC で,モ
ニタ出力端子がD-sub15 ピンでない物があります.別売りのアダプターを必ずご用意下さい.
3. スクリーンセーバーおよび省電力設定は予め解除して下さい.
4. PC やファイルのパスワードは,事前に解除をお願いします.
5. 万一のトラブルのため,バックアップのご用意をお願いします.
ポスター会場、展示会場のご案内
ポスター会場、機器展示会場は受付のあるロビーとなります.
 

 

 

 

Wifi 会場内ではeduroamが使用できます。各自の所属組織で発行されたIDをご使用ください。
 
 
ポスター会場、展示会場のご案内
ポスター会場、機器展示会場は受付のあるロビーとなります.
懇親会のご案内
日時:10 月27 日(金) 19:00 から
会場:新宿プリンスホテル
〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1丁目30−1
TEL:03-3205-1111 FAX:03-3205-1952
当日受付は定員になり次第,受付を中止いたしますので,ご了承下さい.
会場への移動は、各自、公共交通機関をご利用ください。
その他のご案内
1. 受付ロビー奥にクロークを設置します.
設置時間 10 月27 日(金)8:45~17:50
10 月28 日(土)8:30~16:50
2. 学内には駐車場はございません.公共交通機関をご利用下さい.
3. 会場内での録音,写真ビデオ撮影は禁止いたします.
4. 大隈講堂は文化遺産に指定されており、ロビーを含めた会場内は飲食が禁止となっております。
小講堂上の休憩室でのみ飲食が可能となりますのでご利用ください。