機 構 紹 介 
about Advanced Collaborative Research Organization for Smart Society

機構のビジョン

設立趣旨


 いろいろな場所で、これまでになかった新たな価値が生まれ、便利なサービスが生活をサポートしています。「スマート化」するとは、ICTが社会に広く浸透し、エネルギーや環境への社会的関心が大きくなり、無駄を省き、効率化を図り、全体の最適化を目指すこと。今はまさにスマート化する社会に向かっていると言えます。
 そして、目指すべきスマート社会は生活者にとって、生きる基本とも言える住・食とともに、活動すること、それらが快適で健全、安心であること、環境にも優しくサポートされることを同時に叶えることが必要だと私達は考えます。

 当機構は、近付き来るスマート社会の実現に必要な技術を発展させ融合していきます。5つのスマートドメインを、まずは8つの研究所で切り拓くことで、情報・エネルギー・サービスで有機的に結合する社会を目指します。さらに、スマート社会の理想ビジョンを描き、最先端で牽引していきます。

機構のビジョン機構のビジョン
スマート社会技術推進協議会
スマート社会技術研究会

スマートハウス・マンション・ビル

 建物そのものの性能に加え、HEMS、MEMS、BEMSなど建物に応じたエネルギーマネジメントシステムを組み合わせ、住環境の最適制御を進めます。

スマートハウス・マンション・ビル

 照明機器・空間機器等の制御を行う際、光環境(光生物学的アプローチ)、生理学的アプローチ、生体リズム(時間生物学的アプローチ)を活用することで、快適・健康な生活環境の実現を目指します。

スマートハウス・マンション・ビル

 環境調和性に優れた電動車両(ハイブリッド自動車、電気自動車/プラグインハイブリッド自動車、燃料電池自動車、など)と、スマートグリッドなどのインフラ技術との協調を通して、物流と蓄電機能の最適化を目指します。

スマートハウス・マンション・ビル

 スマート植物工場やスマート給食センターなど、食・エネルギーに関する地産地消型の食生産システム構築を通して、安全安心な食の供給を目指します。

スマートハウス・マンション・ビル

 グローバルな標準規格に準拠した情報通信システムを駆使し、デマンドレスポンス(ネガワット取引)の実現など電力システムの高度化を進めます。

Page Top