ニュース 
News

ニュース詳細

2018年12月5日

早稲田大学リサーチアワードを5年連続で林機構長が受賞致しました。

林泰弘機構長が、2018年度の早稲田大学リサーチアワードを受賞しました。

 

本アワードは、大規模な研究を主導的に推進している研究者および国際発信力の高い研究業績をあげている若手研究者を表彰するものです。林機構長は、大型研究プロジェクト推進の部門において、研究課題「汎用的な実証基盤体系を利用したシナリオ対応型分散協調EMS実現手法の創出」(国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)・戦略的創造研究推進事業(CREST))の内容が評価されました。

 

アワードが新設された2014年度から5年連続での受賞は林機構長唯一となります。

 

詳しくは、こちらをご覧ください。

Page Top