資料請求

Loading

教員紹介

常勤教員紹介

鈴木 孝則 [ 教授 ]

会計実務における正確な判断力を培うために。

担当科目:

ビジネスコンサルティング実務、事業再生実務、システム監査、IPO実務、ERPシステム実務、ERP財務会計実務、 ERP管理会計実務、会計情報のモデル分析、管理会計ワークショップ、コンサルティング実務ワークショップ、ビジネスゲーム・ワークショップ、会計・監査モデル研究、会計・監査モデル学位論文、会計・監査モデルテーマ研究

鈴木孝則

研究テーマ

外部監査と内部監査は、いずれも委託者(プリンシパル)が受託者(エイジェント)に対するコントロールを留保しながら意思決定権限 を委譲するためのメカニズムと理解することができます。会計学や監査論のほか、エイジェンシー理論やゲーム理論など経済学の力も借り て、このメカニズムの解明に取り組んでいます。(研究者データベースはコチラ)

メッセージ

会計および監査の仕事に従事する場合、(1) 報告を送信する立場、(2) 報告を受信する立場、(3) 報告を検査する立場のいずれにおいても、 その報告や検査が何を目的として行われているのか、ということに対する明確な理解が要求されます。実務におけるスピーディーで正鵠を 射た判断は、深く周到に考え抜かれた目的意識のもとに培われる実務知識・経験からの自然なアウトプットであると考えます。会計研究科 での2 年間を、会計・監査実務へのインフラ作りに大いに役立ててください。

学歴

1982年東京工業大学工学部卒業。1984年同大学院理工学研究科修士課程修了。1998年早稲田大学大学院社会科学研究科修士課程修了。2004年同博士後期課程満 期退学。2006年博士(学術)早稲田大学

職歴

1984年アクセンチュア株式会社入社、2005年早稲田大学大学院会計研究科助教授、 2011年より現職。公認会計士、公認システム監査人、ITコーディネータ

著書

『契約理論による会計研究』(分担執筆・中央経済社・2009年)、『会計ディスクロージャーと企業行動』(共訳・中央経済 社・2011年)、『会計情報のモデル分析』(分担執筆・国元書房・2013年)ほか


Copyright 2004-2012 Waseda. Graduate School of Accountancy. All Rights Reserved.