資料請求

Loading

教員紹介

常勤教員紹介

青山 慶二 [ 教授 ]

国際化の中で重要性を増す租税法の基礎理論を学びます。

担当科目:

租税法、租税法各論Ⅰ / Ⅱ、国際税務、税務会計トピックス、国際課税実務ワークショップ、租税法研究、租税法学位論文、租税法テーマ研究

青山慶二

研究テーマ

国際化の進展の下で多国籍企業は世界の経済的福祉を高める重要な役割を担ってきましたが、他方で、租税主権に基づく多様な国内税制 に対応する必要上、国境を越えた二重課税のリスクと戦っています。私の研究領域は、近年先進国間でハーモニゼーションが進む移転価格 税制やタックスヘイブン税制さらには租税条約などの国際課税法です。政府や民間シンクタンクの研究会への参加を通じて、実務から提起 される問題へのソリューションを研究しています。(研究者データベースはコチラ)

メッセージ

租税法は、①課税主体の取扱い、②所得・資産・消費ごとの課税の仕組設計、③確定申告・税額徴収の手続規定などについて、質・量の 両面で年々拡大を続けています。そしてビジネスにとって税負担を考慮した経営計画は今や不可欠のものとなっています。会計専門職を目 指す諸君には、企業会計と課税所得の関係を中心に税法解釈の面白さを習得してほしいと思います。

学歴

1971年東京大学法学部卒業、1973年同大学院法学政治学研究科修士課程修了

職歴

1973年国税庁入庁、2006年国税庁審議官を経て筑波大学大学院ビジネス科学研究科教授、2012年より現職。慶應大学特別招聘教授、筑波大学客員 教授、国税庁税務大学校講師、JICA講師、国連税の専門家委員会委員、税制調査会専門家委員会特別委員、経済産業省国際課税研究会座長、21世 紀政策研究所研究主幹等を歴任。租税法学会監事、International Fiscal Association常設研究企画委員会委員、同日本支部理事

著書

(いずれも共著)「日本の税をどう見直すか」(日本経済新聞出版社・2010年)、「国際課税の理論と実務」(大蔵財務協会・2011年)など


Copyright 2004-2012 Waseda. Graduate School of Accountancy. All Rights Reserved.