資料請求

Loading

教員紹介

常勤教員紹介

川村 義則 [ 教授 ]

会計専門職の即戦力養成をめざします。

担当科目:財務会計A、財務会計リテラシー、財務会計各論Ⅰ、財務会計英文外書講読、財務会計ワークショップ、Financial Accounting Workshop、財務会計テーマ研究

川村義則

研究テーマ・メッセージ

金融商品の会計処理と開示について研究を継続しており、最近では、負債の会計処理問題、負債と資本の区分表示問題などに関する研究成 果を発表しています。中長期的には、財務諸表の構成要素に関する包括的な研究を進めて、現代的な財務諸表論の再構築を模索したいと考えています。

オーソドックスな財務会計の理論を学ぶことは、会計専門職の仕事に直結します。また、国際会計基準や米国の会計実務などを身近に感 じることができるようになれば、難しい会計問題を考える上で視野も格段に広がることでしょう。学生諸君には、大学院修了後に即戦力と なることができるように、目的意識をもって研究に取り組むようにしてほしいと思います。(研究者データベースはコチラ)

学歴

1989年早稲田大学商学部卒業、1994年同大学院商学研究科博士後期課程単位修得

職歴

1994年米国財務会計基準審議会(FASB)ポストグラジュエート・インターン。1996年龍谷大学専任講師、2000年早稲田大学商学部専任講 師、准教授を経て、2008年より現職。2006年~ 2009年度公認会計士試験委員。2001年~ 2013年金融庁企業会計審議会専門委員、2007年~ 2013年財務会計基準機構基準諮問会議委員、2006年~ 2012年日本会計研究学会評議員などを歴任

著書

主著:『グローバル財務報告─その真実と未来への警鐘』(共訳・中央経済社)、『新版現代会計学』(共著・中央経済社)、『演習上級簿記』(中央経済社)など


Copyright 2004-2012 Waseda. Graduate School of Accountancy. All Rights Reserved.