コンテンツ

新入生へ

部員向け

作品紹介

部員が作ったロボット達を紹介します。
一部を除いて画像をクリックすると別窓で拡大します。サイズがかなり大きい場合がありますのでご注意ください。

2014年度
T3 (ティーキューブ)

▲クリックで拡大
データ マイコン:RX631 48pin
駆動:MK06-4.5
センサ:SFH4550+ST-1Kl3A
ジャイロ:MPU-6500
エンコーダ:磁気エンコーダAS5055
コメント 三代目初ハーフ初DC WMMC3台目
saikoro

▲クリックで拡大
データ マイコン:RX63T 48pin
駆動:MK06-4.5
センサ:LTR-4206+LTE-209
ジャイロ:LY-3200ALH
エンコーダ:磁気エンコーダAS5045B
コメント 私がブルーレットです
three-line ver.2

▲クリックで拡大
データ マイコン:LPC1114F
駆動:ステッピングモータ
センサ:可視光センサ
コメント
2013年度
pate-ratte

▲クリックで拡大
データ マイコン:LPC1114F
駆動:ステッピングモータ
センサ:可視光センサ
コメント pate-mouse1よりマイコン基板をアップグレードした、2代目です。マイコンをLPCに変更しました。
three-line

▲クリックで拡大
データ マイコン:LPC1114F
駆動:ステッピングモータ
センサ:可視光センサ
コメント 拡張部を使用する日は来るのだろうか???。
rubato

▲クリックで拡大
データ マイコン:LPC1114F
駆動:ステッピングモータ
センサ:可視光センサ
コメント 二台目。小型化、低重心を目指した。
2012年度
pate-mouse1

▲クリックで拡大
データ マイコン:H8/3694
駆動:ステッピングモータ
センサ:可視光センサ
コメント 初代です。
Ariadne

▲クリックで拡大
データ マイコン:H8/3694
駆動:ステッピングモータ
センサ:可視光センサ×4
コメント マイクロマウス1号機です。図体がわりとでかいですが、なんだかんだそれなりに走ります。
不満点はいくつかあるので、改良版を作りたい。
Saikoro

▲クリックで拡大
データ マイコン:H8/3694f
駆動:ステッピングモータ
センサ:赤外センサ×4
コメント 弱点:前輪の部分
Acht

▲クリックで拡大
データ マイコン:H8/3694f
駆動:ステッピングモータ
センサ:可視光センサ
コメント 1台目。特技は壁ドン。
2011年度
Mark-0

▲クリックで拡大
データ マイコン:H8/3694
駆動:ステッピングモータ
センサ:可視光センサ×3
コメント
ロキ

▲クリックで拡大
データ マイコン:H8/3694
駆動:ステッピングモータ
センサ:可視光センサ×4 だけど使ってるのは3つ
コメント アクロバティック配線に成功しました
2010年度
募集中
2009年度
雷鼠

▲クリックで拡大
データ マイコン:H8/3694f
駆動:ステッピングモータ
センサ:赤外センサ×4
コメント 昇圧回路とLi-Poを載せ,以前のマウスを順当に進化.ついでに名前も.
機嫌が良いと斜め走行してくれる子になった.
氷雪

▲クリックで拡大
データ マイコン:SH7146
駆動:DCモータ×2(SCR13-2005)
センサ:可視光センサ×4
コメント WMMC初のハーフサイズDCマウス。
ハーフサイズでは大きめだが、フルサイズ迷路でも走れる。
2009年大会では、エキスパート部門とハーフサイズ部門で決勝に出場。
T1

▲クリックで拡大
データ マイコン:H8/3694f
駆動:ステッピングモータ
センサ:赤外センサ×4
コメント 某メ○ロットからインスパイアを受けたもの。
CapybaraG.S.

▲クリックで拡大
データ コンピュータ:PC(Core2 Quad Q8400S,RAM4GB)
OS:Windows Server 2003
駆動用マイコン:SH7125
推進:DCモータ
操舵:サーボモータ
センサ:ロータリエンコーダx2
GPS
LIDAR
地磁気センサ
コメント つくばチャレンジ2009用の機体。ラジコンを改造したもの。
重量やサーボの応答速度のため、ステアリング性能が非常に悪い。
大会前日の雨によるエンコーダ周りの回路トラブルにより、泣く泣く棄権。
今後は10年に備えて台車の変更と雨対策が施される予定。
2008年度
三重塔

▲クリックで拡大
データ マイコン:H8-3694f
駆動:ステッピングモーター
センサ:赤外センサ×3
コメント 日本の伝統的建築である三重塔を模したマウス。
ときどきWMMCのマスコット的な存在にもなり、クリスマス仕様や鏡餅仕様などと装飾が変遷してきた。
しばらくはいろいろな問題により不調であったが、2009年度のWMMC杯で復活を果たした。
HO3T

▲クリックで拡大
データ マイコン:H8-3694f
駆動:ステッピングモータ
センサ:赤外センサ×3
コメント 「早起きは三文の得」⇒「Hayaoki ha 3mon no Toku」でHOTです。
朝弱いですが・・・
mp3プレーヤとスピーカーを取り付けて、音楽を鳴らしながら走れるように改良中です。
電気鼠

▲クリックで拡大
データ マイコン:H8-3694f
駆動:ステッピングモーター
センサ:赤外センサ×4
コメント 黄色いのでこんな名前に。全国大会で運良く探索賞を頂き、帰り道で電池切れになったマウスです・・・。
2008年度は順当に進化させる予定。
Kaleidoscope

▲クリックで拡大
データ マイコン:H8-3694f
駆動:ステッピングモータ
センサ:横壁(反射型距離センサ)×4
コメント 1年のころ作ったマウスです。
フレームはBasic Mouse のものを使っています。
Kaleidoscope MkⅡ

▲クリックで拡大
データ マイコン:H8-3694f
駆動:ステッピングモータ
センサ:横壁(反射型距離センサ)×4
コメント 2年のころ作ったマウスです。
現在はCPUボードを組み替えることによりクリッパーとなります。
Kaleidoscope MkⅡ Type-C

▲クリックで拡大
データ マイコン:H8/3069
駆動:ステッピングモータ
センサ:横壁(反射型距離センサ)×4
コメント MkⅡのCPUボードをクリッパーユニットに換装したものです。
クリッパーユニットは2年最後の春休みに製作したものです。
アヴァロン

▲クリックで拡大
データ マイコン:SH-7125
駆動:PK243-01A
センサ:可視光センサ×3
電源:Li-Po(11.1V)を24Vに昇圧
コメント 3年間で最高のできのマウス。
2008年11月の段階でサークルNO.1♪養生テープ必須。モチーフはハマーン様のキュベレイ。
2005年度
2004年度
陽炎

▲クリックで拡大
データ H8 3067f
ステッピングモータ
赤外センサ×3
コメント
chunny-i (チュニー・アイ)

▲クリックで拡大
データ H8 3067f
ステッピングモータ(KH39)
赤外線センサ×6・PSD×1
NMIスイッチ(メカニカルセンサ) NI-H電池×16
コメント センサ=目(eye)で“i”です、キューピー○ーワiからパクリました
ボール

▲クリックで拡大
データ H8 3067f
ステッピングモータ
赤外センサ×3
コメント 最初に作ったMouseです。なかなか耐久性に優れているようで、まだまだ現役です。
ちゃんこ

▲クリックで拡大
データ H8 3067f
ステッピングモータ
赤外センサ×3
コメント
NEU

▲クリックで拡大
データ H8 3067f
ステッピングモータ
赤外センサ×3
コメント
EsP01

▲クリックで拡大
データ RCB-1×2・H8 3067f
サーボモーター×17
ドットマトリックス
ジャイロセンサー
無線コントロール
コメント 動きに合わせて、ドットマトリックスで創った顔が変化します。
Kelqu

▲クリックで拡大
データ H8 3067f
ステッピングモータ
赤外センサ×3
コメント
L-wing

▲クリックで拡大
データ H8 3067f
ステッピングモータ
上壁センサ
コメント
OP1-andante

▲クリックで拡大
データ H8 3067f
ステッピングモータ
赤外センサ×3
コメント
シンメトリー

▲クリックで拡大
データ H8 3067f
ステッピングモータ
赤外センサ×3
コメント
るぅるぅりっきー

▲クリックで拡大
データ H8 3067f
ステッピングモータ
赤外センサ×3
コメント
あかぼ

▲クリックで拡大
データ H8 3067f
ステッピングモータ
赤外センサ×3
コメント
はら3

▲クリックで拡大
データ SH-2
ステッピングモータ
赤外センサ×3
リチウムイオンポリマー電池
コメント
SPECIAL
WMMCでは、マイクロマウス以外にも、様々な制作活動を行っています。
CHUTORO

▲クリックで拡大
データ サーボモータ
コメント
ひとりであるけるもん

▲クリックで拡大
データ
コメント
他の画像
▲全てクリックで拡大
unknown

▲クリックで拡大
データ rabbit
コメント