コンテンツ

新入生へ

部員向け

マウス用語

マイクロマウスやWMMCの用語をまとめてみました。五十音順です。

秋葉ツアー

マイクロマウスの為の電子部品や工具を購入する為に秋葉原の専門店を紹介するツアー。
定休と重ならなければ、秋月→仙石→マルツ→鈴商→西川→ツクモロボット王国などを新入生に案内する。

追いコン

4年生とM2を笑顔で追い出す為のコンパ。甘太郎で焼肉が定番らしい。2大コンパの一つ。
<関連用語> 新歓コンパ 忘年会

幹事

主に新歓コンパ、忘年会、追い出しコンパなどの飲みの出欠確認、予約、司会進行、費用の調整をする役職。その他合宿の企画も。非常にとってもすごく大変な仕事。

学生会館

こちらの「早稲田・戸山・西早稲田キャンパス配置図」(PDF注意)をご覧下さい。
学生会館は戸山キャンパスの敷地の西側(理工側)に位置する。通称「学館」。一応30号館という番号が付いているらしい。
・理工キャンパスからの一番分かりやすいルートは、明治通りを北へ4分ほど歩き、最初にぶつかる“諏訪交差点”を右折して東へ10分ほど歩くルート。右手に戸山キャンパスが見えてくる。
・理工キャンパス目の前のマクドナルドの脇の道から戸山公園を通り抜けるルートもある。
・また理工からは 一日数本出ている連絡バスを利用すれば随分楽。最初の停留所が戸山キャンパス。
<関連用語> 部室

支部マネージャー

マイクロマウス東日本支部の委員の役職。支部の会議に出席したり、部員とのパイプ役になったりしている。
現在WMMCと芝浦工業大学のロボティクス研究室が支部マネをしている。
<関連用語> 支部例会 マイクロマウス委員会東日本支部

支部例会

マイクロマウス東日本支部が主催する、初心者の為の技術向上のための講習会や試走会を開いたりする集会の事。
<関連用語> 支部マネ マイクロマウス委員会東日本支部

新歓合宿

新入生歓迎のために、6月の理工スポーツ大会の休講の3連休を利用して行われる合宿。山中湖の施設で行う。
ゼミの続きやサッカー大会、ビンゴ大会など。この合宿で、新入生同士や上級生との親睦を深める。

新歓コンパ

新入生を歓迎するための飲み会。4月~5月に行う。2大コンパの一つ。
<関連用語> 忘年会 追いコン

自律型

手持ちの辞書によると、“自分の規律に従って他から支配されないこと”。
つまりロボットについて言えばコントローラー無しに動くこと。
マイクロマウスはマイコンを搭載した基本的なロボットと言える。

スキー合宿

毎年恒例で2月~3月にスキー合宿をしている。マウスとは全く関係ない旅行。スノボも可。
全く経験のない初心者でも、合宿が終わる頃には普通に滑れるようになっている。

ゼミ

新歓期の5月~6月と新歓合宿で、上級生がマウスに関係あるテーマに沿って講義をする。
全部聞けばマイクロマウスを作る上で必要な基礎知識は得られるはずである。

線材

要は導線のこと。WMMCでは特に皮膜線(絶縁体皮膜で覆われているもの)をよく使う。

WMMC日誌

部室においてある日誌。ただのノートだけど。
その日の作業についてや独り言など、誰でも自由に書き込める。
合宿等の遠征時は日誌も連れて行く。

ニューテクノロジー振興財団 マイクロマウス委員会

東日本支部などいくつもの支部を束ねる上の組織で、マイクロマウスなどマイクロロボットの大会を開催するなど科学技術の普及をしている。名前が長いので“ニューテク”と略す。
<関連用語> マイクロマウス委員会東日本支部

部室

部室は戸山キャンパス内学生会館9階E935室。
部室にはテレビやパソコン、オシロスコープ、電動ノコギリをはじめ、様々な機具が揃っている。
暇なときはゲームキューブやプレステ2で遊び、気分をリフレッシュすることも出来る。
<関連用語> 学生会館

忘年会

年末のまったり飲み会、予定の調整が出来なければ新年会になる可能性も。一年の大会の成果と来年の抱負を発表する。
<関連用語> 新歓コンパ 追いコン

マイクロマウス委員会東日本支部

マイクロマウスの技術交換・交流の場。
マイクロマウス講習会、支部例会、試走会やマイクロマウス東日本支部大会の開催をしている。WMMCの他に芝浦工業大学の研究室などで構成。
<関連用語> 支部例会 支部マネ ニューテク
<関連URL> マイクロマウス委員会東日本支部HP

マイコン

マイクロコンピュータの略で、つまり小さいコンピューターで、ロボットの“頭脳”に相当する。
演算機能部(CPU)のみならずメモリや入出力部(I/Oポート)など必要な周辺回路が1つのICに収められたものは、ワンチップマイコンとも呼ばれる。
WMMCでは最近主にLPCマイコンを使用しているが、他にH8・SH・PIC・Z8などがある。

メーリングリスト

略してML(えむえる)やメーリスとも言う。
複数の部員にメールを一斉送信するもので、これによりサークルの用事等の連絡を行う。
受信料や文字制限などの理由で携帯のではなくPCのメールアドレス(各自プロバイダやwaseda-netメール)で登録する。
個人宛てのメールと分けるためにアウトルックなどでフォルダを作っておくとよい。
メールの形式はテキスト形式が好まれ、HTML形式だと部員は「何だ何だ!?」と疑問に思うので避けるべき。
前のメールの返信するといちいちメアドを書き込まなくて楽。タイトルは分かり易いものに。
またMLでは、複数に送られてしまうことにも気をつけましょう。ラブレターなど送った日には恥ずかしいことになる。
特定の人やコメントなどの引用する場合、>誰々 >なになになどすべし。

ものづくり工房

61号館1階にある作業場。
早大生であれば誰でも使うことができ、一部講習を受ける必要があるものもあるが、
はんだごてや電動ドリルなど非常に多くの加工器具をしようすることができる。
マイクロマウスの他にも様々なサークルが利用している。
ものづくりに興味がある人は一度訪れてみては。

理工展

11月に開催される理工学部の学祭。同日程で行われ、日本一盛り上がる早稲田祭とは別に、理工キャンパスでひそびそと開催される。

練習用基板

入部後最初に取り掛かる回路。マイコンと操作するためのスイッチ、表示するためのLEDや、安定した電源を供給する電源部などからなる簡単で入門に最適な回路。
この目的は半田付けの練習や回路をどう配置するかなど試行錯誤したり、回路・プログラムの基本的な知識を抑えるロボットに取り掛かる前の準備段階とするものである。